人脈も金も消えた! 「ネットワークビジネス」に騙された大学生の末路

お金を稼ぎたい若者を狙った勧誘も増えているようだ。

ライフ

2018/04/15 09:00

サークル
(Kavuto/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

人脈を生かして商品を広め、勧誘や販売に成功したら、成功報酬としてお金が手に入る「ネットワークビジネス」。

近年は、「ラクして大金が稼げる」と期待させて勧誘するなど、若者が被害に遭うことも多くなっていると言われる。

しらべぇ取材班は、大学時代にネットワークビジネスをしたことがある男性(20代)に話を聞いてみた。



 

①高校時代の友人からの連絡で始まった

「卒業してから会っていなかった高校時代の友人から、SNSを通じて突然連絡がきて会ったんですが、そこに男性も一緒に来ていて紹介されました。


その男性がネットワークビジネスをしており『芝浦に数億円のマンションを購入した』『働かずに簡単に稼げるんだよ』などと、話や写真を見せられ、興味が出てきて開始したのがきっかけです」


関連記事:勧誘お断りの貼り紙がまさかの事態に 「やられ続けています」

 

②登録料や商品購入で数十万円

「最初に登録料や、化粧品などの美容用品を売るネットワークビジネスだったのでダンボール数箱分の商品を購入させられて、30万円近くが吹っ飛びました。


でも紹介者からは『みんな欲しがるからすぐに元が取れるよ』と言われたし、当時はバイトがつらかったので、『これで働かずに、億万長者になれる』と期待していましたね」

次ページ
③しかし買ってくれる人はいない…

この記事の画像(1枚)