入学式で頻発するSNS投稿 親自身が子供の個人情報を晒してしまうリスクも

守るべき親が子供の個人情報を公開している?

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

春は入学のシーズン。街を行く初々しい新人さんを見ていると、私も新しい制服に身を包んで桜の咲く中、胸をドキドキさせていた事を思い出します。

あれは今から何年前だったか…。ただ、現代ならではの思わぬリスクが潜んでいるのです。

 

■個人情報を取り巻く状況

2005年、いわゆる個人情報保護法が施行されました。現代において個人情報はマーケティング的な価値もあり、また、セキュリティー的にも非常に大事な情報です。

会社はもちろん顧客情報を守る事が第一ですし、学校も子供達の個人情報を守ることに敏感になっています。

昔は卒業アルバムの巻末に生徒の住所や電話番号が掲載されていましたが、今の時代はそれを掲載しない学校がほとんどになりました。

それはもちそん子供たちの安全面を考慮してのことなのですが、それを一番守るべき親自身がやってしまっていることがあるんです。

 

■Facebookで親世代が…

新入学シーズンの今、Facebookでは子供や孫の入学式などの写真が多くアップされています。中には、入学する学校の正門の前で撮影した画像を掲載している人もいるんですね。

Facebookはユーザーの高齢化も進んでいるようで、小・中学生くらいの子供を持つ親世代はもちろん、70歳くらいの孫を持つ世代の方がこうした投稿をしているのもしばしば見かけます。

もちろん悪気はなく、かわいい子供、孫の入学の記念にという面からなのですが、これが非常に危ない。学校の特定が非常に安易なのは、今の時代当たり前ですし、そういった情報に目を光らせている人がいないとも限りません。

次ページ
■情報が組み合わさってさらなるリスクに

この記事の画像(6枚)

あなたにオススメ