フィギュア・羽生結弦選手が衝撃告白 「生きていてくれてありがとう」とファン涙

羽生結弦選手が周囲やファンに感謝の気持ちを語った。

スポーツ

2018/04/16 17:00

「天井知らずのレコード・ブレーカー」。冬季オリンピック2大会連続優勝、計12回の世界記録更新と数々の偉業を打ち立ててきた、男子フィギュアスケートの羽生結弦選手(23)に付けられた異名である。

しかし、そんな羽生選手の活躍の裏側には、苦悩の日々があったことを羽生選手自身が打ち明けた。


 

■羽生選手の演技に会場は大盛況

View this post on Instagram

We are looking at you our fans 👀👀

A post shared by Евгений Плющенко (@plushenkoofficial) on

15日、羽生選手がプロデュースするアイスショー「Continues~with Wings~」の公演最終日に、羽生選手本人も出演。

同アイスショーでは、「彼のような存在になれるように努力したい」と羽生選手がリスペクトするフィギュアスケート選手、エフゲニー・プルシェンコ選手(35)をはじめとした豪華メンバーと共に、羽生選手も演技を披露した。

羽生選手は右足首の故障明けでリハビリのため、披露したのはスピンとステップのみの演技であったが、それでも会場を大きく盛り上げた。


関連記事:羽生ゆずれない、改名の裏で熱狂ファンの過剰反応 いきすぎた攻撃に疑問の声も

 

■「何度も死のうと思った」

アイスショーのフィナーレでは、「一時期、週刊誌の問題とか色々あったときに、何回も死のうとした」と羽生選手が衝撃の思いを激白。

羽生選手は続けて「でも、多くのファンの人が応援してくれるし、自分が憧れている方に『ゆずは大丈夫だよ』ってコメントをもらえて、本当にありがたかった」と周囲やファンへの思いを伝えた。

そして最後に「スケートをやっていてよかった。本当に生きていてよかった」と締めくくった。

次ページ
■「生きていてくれてありがとう」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ