友人宅から1000万盗んだ中3女子が逮捕 「盗られた側」の状況も不可解すぎる

1,000万円が置いてある友人宅、女子生徒から札束を受け取った同級生たち…様々な点で怖すぎる

社会

2018/04/16 18:00

一万円札
(st-palette/iStock/Thinkstock)

友人同士によるトラブルから、よほど強いストレスを感じていたのだろうか…。女子中学生による衝撃的な窃盗事件が報じられ、インターネット上が騒然となっている。

 

■中3女子が、友人宅から現金1,000万円を盗む

友人宅から現金1,000万円を盗み、その後同級生に配ったとして、16日までに警視庁少年事件課などは、都内に住む中学3年生の女子生徒(14)を窃盗容疑で逮捕したことを、時事通信社が報じた。

報道によると、女子生徒は今年の1月~2月、江東区に住む40代の無職の女性の自宅マンションの居間に置かれていた現金1,000万円を盗んだ疑いが持たれている。

被害に遭ったのは、小学校時代の友人宅で、女子生徒は頻繁に遊びに行っていた。女子生徒は容疑を認めており…

「遊びに行ったときに2回盗んだ。同級生に仲間はずれにされていると感じ、ストレスがあった」

 

と供述しているという。

 

■母親に現金が見つかり、同級生らに配っていた

事件は、2月中旬頃に女子生徒の母親が、生徒の部屋のクローゼットから、トートバッグに入った帯付きの現金1,000万円を発見したことで発覚。

当初、女子生徒は母親に「知らない男から預かった」と説明していたのだそう。母親は「娘が事件に巻き込まれた」と心配し、現金を自室に移したが、女子生徒は隙を見て現金を持ち去った。

その後、女子生徒は盗んだ現金を同級生約10人に、数十万~100万円を配ったという。

次ページ
■「リビングに現金1,000万」という衝撃と恐怖

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ