小5女児を自宅に連れ込んだ男が逮捕 「登場人物みんなおかしい」と疑問のワケとは

三重県津市内で深夜、小学5年生の女児を自宅に連れ込んだとして工員の男が逮捕された。

社会

2018/04/17 17:00

 

■母親の責任を問う声も

一方で、母親に責任があるとの声も。ことの発端は女児と母親の口論だったため、娘が飛び出した時点ですぐに追いかけて連れ帰るべきだったという意見があがった。中には「児童虐待」と厳しい指摘もある。

・喧嘩したとしても女の子を一人で追い出すって…親も親だね


・母親の方がどうかしてると思う。いくら喧嘩したからって相手は子供なんだからすぐ連れ戻さないと


・事のきっかけは母親 これが無かったら事件は起きなかったから母親の責任は重いわ


この他にも、家出をして男についていった女児、交番へ連れて行かなかった男、娘をすぐにつかまえなかった母親に対して「3人とも行動がおかしい」「通報者1人が正常で、後の登場人物はどれも変」との指摘も。


関連記事:弱った3歳妹の助けを求めた兄 発見時の痛々しい姿に「ひどすぎる」と絶句

 

■誘拐されそうになったことがある人は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,362名に「誘拐」について調査したところ、「誘拐されそうになったことがある」と回答したのは6.5%と1割未満。16人に1人が経験があるようだ。

また、男女別に見ると2ポイントほどだが女性のほうが多いことも判明した。


男や母親に対する疑問の声はあがっているが、女児の身に危険がおよばなかったことが幸い。この事件をきっかけに、親と子の向き合い方が改善されるとよいのだが…。

・合わせて読みたい→児相職員がわいせつ行為で逮捕 取材に「まさかの事態で信じられない」

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日
対象:全国20~60代の男女1362名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ