コメントで禁止しても意味なし? 水着自撮り写真が悪用されるのは自業自得説

女子小中高生は危険性を理解しているのか?

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

最近はスマホの普及はもちろん、ツイッター、インスタなどSNSの浸透率は、中高生くらいからの若い女性にも高く、いわゆる自撮りは珍しいものではなくなりました。

しかしそれと比例するように、投稿した写真を悪用されるケースも多くなっています。


 

■ネットの現状を彼女たちは知らない

自撮り写真を平気でネット上に上げてしまうという自らの行為に対して、当の本人たちはどの程度危険性を理解しているのか?  私の経験上、若い中高生の後輩や同世代であっても「たいして理解していない」と言えます。

まず、中高生くらい(小学生も含む)の女子というのはあまり深い根拠もなく周囲との同調を気にします。

例えば、学校で意味なく友達を連れてトイレに行くように、自撮りやSNSへの投稿に際しても周囲と同じような行動をすることにある意味での義務感さえ覚えています。

しかし、その集団心理が「ネットの常識・ルール」より先に頭にあるため、ネットに潜む危険性に気がついていないのでしょう。


 

■なんとなく気づいてる子の行動

ほとんどの子がネット上に自分達の写真を公開するという危険性に気がついていませんが、「やんわり」と気がついている子もいます。

そういった子がどうしているかというと、驚くことに写真のアップをやめるのではなく、コメント欄に「悪用禁止」「スクショ禁止」などと書いているだけなんです…。

これってすごいことですよね…。ネットの世界というのは、田舎の無人野菜販売で買い物をする人のように、絶対にお金を入れてくれる(入れない人もいるかも)のではなく、誰も見ていないと思ったらほぼ無断で持っていきます。

次ページ
■それでもやめられない自己顕示欲

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ