しらべぇ

男性保育士が園児の腹を蹴り逮捕 防犯カメラで発覚も、複雑な声相次ぐ

男性保育士に蹴られた6歳の園児が後頭部にケガ。「防犯カメラがあって良かった」との一方で、複雑な声も。

社会

(maximkabb/iStock/Thinkstock)

子供を保育園などに預ける親にとっては、日中子供がどう過ごしているのか、とても気になるところ。

ところが、認定こども園にて園児が男性保育士から虐待を受けていたという事件が報じられ、インターネット上が騒然となっている。

 

■6歳園児の腹部蹴る…防犯カメラで発覚

北海道旭川市の認定こども園にて、保育士の男性が男児を足で蹴ったとして、16日に傷害の疑いで逮捕されたことを『北海道ニュースUHB』が報じた。

報道によると、男性は今年2月19日、当時務めていた旭川市内の認定こども園にて、当時6歳の男の子の腹部を足で蹴り、後頭部にケガを負わせた疑いが持たれている。

被害園児の保護者から相談を受け、園が防犯カメラの映像を確認したことで事件が発覚した。

園は、男性が手袋を振り回していた男の子を何度か注意した後、腹部を蹴ったと説明しているそうで、男性は「言うことを聞かなかったので蹴った」と話しているという。

 

■「気持ちは分かるがやっちゃダメ」との声多数

事件の報道を受けて、『YAHOO! ニュース』のコメント欄には、「園児に暴力をふるう」ことは絶対にあってはならないが、「言うことを聞かなくて…」という供述に、同情を禁じ得ないユーザーからの、複雑なコメントが多数寄せられている。

・防犯カメラがあって良かった

 

・保育士も、本当に大変な仕事…。中々、言うこと聞かない子供もいるし…イライラすると思う…。でも子供相手に大の大人が腹蹴りなんて、とんでもない話…

 

イラつく気持ちがわからなくもないが、それをやっちゃダメだ。転職したほうが、本人にとっても良いかもしれない

 

・保育士なら誰もが手を出したい瞬間って、あると思うよ大変な仕事。でも手をあげたら絶対に駄目な職業だよ

 

また、あらゆる面で防犯カメラを設置することの重要性を改めて実感した、との声も目立つ。

 

■保育士の待遇面に目を向ける人たちも

一方で、改めて「保育士」という仕事の大変さを想像し、そもそもの待遇面や対策の改善などを求める声も。

・自分の子供でもイラッとすることがあるのに、幼児が何十人と集まったら、大変に決まってる。保育士の待遇をもっと上げて、ベテランの保育士が増えるような政策をするべきと思う

 

・保育士とか介護士とか、給料が安くて仕事がキツイので、優秀な人材が集まりにくいんだろうな…。真面目に一生懸命仕事している人もいるんだろうけど、こういう事件が多いと、その人のモチベーションも落ちそうだ

 

・暴力がいけないのが前提だけど、介護も保育も仕事内容と給料が見合わな過ぎる。給料が良ければある程度寛容できることもあるからな。ただただ安過ぎる

 

待遇面が改善されれば、優秀な人材が集まり、懸命に働く人たちがより寛容な対応ができるようになるのでは? といった意見が、多くの共感を得ている。

絶対にあってはならない、保育士による園児への暴力。また、今回の報道により「男性保育士に対する風当たり」が厳しくなってしまうことも、懸念されるだろう。

・合わせて読みたい→保育士の給料は「生活保護以下」 悲しい実情に「保育料の上乗せ」提言も

(文/しらべぇ編集部・もやこ

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu