人気漫画『ニセコイ』が実写化 ファンからは「頼むからやめてくれ」と悲痛な声

人気マンガ『ニセコイ』の実写映画化が16日、発表された。ネットではキャスト予想や、そもそも実写化する意義について、激論が交わされている。

16日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)20号にて、古味直志原作による人気漫画『ニセコイ』の実写映画化が発表された。

劇場公開は12月を予定しており、キャストなど詳細については未発表。これを受け、原作ファンやアニメ版のファンからは疑問の声が相次いでいる。


 

■そもそも物理的に可能なのか?

『ニセコイ』は、2011年から2016年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載されたラブコメディ。2014年にはテレビアニメ化もされ、人気を博した。

暴力団・集英組とギャング集団・ビーハイブの抗争を止めるために恋人のふりをすることになった、一条楽と桐崎千棘による「偽の恋」を中心に展開されるストーリーだ。

パンチのある魅力的なキャラクターたちも人気の一因。その中には、男装女子の鶫誠士郎や、マントの裏に大量の武器を隠し持つポーラ・マッコイといった、現実離れしたキャラも存在する。


関連記事:実写『銀魂』桂小太郎役・岡田将生が「美しすぎる」とファン絶賛

 

■ファンからは疑問の声

そういった背景から、「本当に実写化できるのか?」という疑問が数多く寄せられている。

そもそもヒロインの千棘からして、アメリカ人と日本人のハーフという設定。金髪ロングに碧眼、赤いリボンがトレードマークだ。

このビジュアルを、不自然さを感じさせることなく実現するだけでも難易度は高そうである。

次ページ
■楽=山崎賢人と決めつけるファンが続出

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ