しらべぇ

梅宮アンナがユーチューバーに転向 坂上忍とヒロミの「冷たい態度」が話題に

梅宮アンナがユーチューバーに転向。YouTubeチャンネル開設にさまざまな声が。

エンタメ

梅宮アンナ

(画像は梅宮アンナ公式YouTubeのスクリーンショット)

歯に衣着せぬ発言で、物事をズバズバを切っていくスタイルが人気のモデル・梅宮アンナ(45)。

バラエティ番組などで欠かせない存在として重宝されているが、ユーチューバーへと転向したことが話題になっている。

 

■「テレビの編集に違和感」

10日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿した梅宮。

「『ここ使ってほしいな』ってところをカットされて、自分が『アレ?』と思うところを繋ぎ合わせて使われていた」とテレビの編集に対して違和感をおぼえたことから、自身のチャンネルを立ち上げて情報を発信したいという。

17日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、梅宮のユーチューバー宣言を取り上げた。

MCの坂上忍(50)がタレント・YOU(53)に「興味津々ですよね?」と話をふると、YOUも「もちろんですね。だから楽しみですね!」といつもの軽い調子でコメントし、タレント・ヒロミ(53)も「僕の夢はユーチューバーですから。いつかはユーチューバーになって、自分の編集で自分の良いところだけ出していこうかと」とニヤニヤと笑いながらも梅宮を応援。スタジオからもクスクスと笑い声があふれた。

テレビの世界で長く生きてきた彼らにとっては、梅宮の行動は「ユーチューバー落ち」という印象なのかもしれない。

 

■「梅宮らしさ」の動画をアップ予定

人気ユーチューバー・ヒカキン(28)ともコラボしたいと語る梅宮。気になる今後の動画についてだが、同番組によれば…

・各航空会社のエコノミー、ビジネス、ファーストクラスをリポートする

 

・リーズナブルなものでファッションコーディネートする

 

・視聴者の家で、家具のレイアウトについてアドバイスする

 

と、梅宮らしさが出ている企画を考えているよう。17日にアップされた「梅宮アンナの休日を公開します!」という動画では、梅宮がネイルサロンやスパに通うという内容を投稿。

再生数は午後4時の時点で500回未満だが、視聴者たちに浸透していけば爆発的なヒットになるかもしれない。

 

■ネットでは賛否両論

ユーチューバーへと転向した梅宮だが、ネット上では「良いと思う」「考えが甘い」などさまざまな意見が寄せられている。

 

■生活できるならユーチューバーになりたい?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,358名に「ユーチューバー」について調査したところ、約2割が「生活できるならユーチューバーになりたい」と回答した。

若者を中心に「職業」として認知されているユーチューバー。とはいえ、生活ができたとしても自分を切り売りすることに抵抗があるのか、やはり全体では少数派であることには間違いない。

 

「自分らしさ」を発信できるのがYouTubeの強みだ。梅宮の今後の展開に期待したい。

・合わせて読みたい→梅宮アンナが子供の壮絶な受験事情を激白 「しまむらはイジメられる」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日
対象:全国20~60代の男女1358名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu