元アイドル・小川満鈴が激白 芸能界に「枕営業」は実在するのか?

枕営業はあくまで「秘め事」として存在する。

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

「芸能界には枕営業が存在するのではないか」といった噂が、時おり注目されますね。読者のみなさんも気になるところでしょう。

そこで、私が芸能活動の中で実際に「見てきた」「聞いてきた」情報をもとに、枕営業についてお話しします。

あくまで、私が得た情報ですからもちろんすべてのタレントさんに該当はしません。あらかじめご了承くださいませ。

 

■実際にどんな人がやっているのか?

いわゆる「枕営業」というのが良いか悪いかは、私はわかりません。個人の価値観であり、突き詰めれば本人同士の需要と供給が一致していれば問題はないと思っているからです。

ではどんな人がやっているのか? 必ずしもデビューしたての新人だけがやるのではありません。たとえば、「旬を過ぎつつあるグラビアアイドル」は焦りもあるようで、枕がらみの話をよく聞きました。

また今の時代は、そうした行為をメディアで堂々と話すという「売り」の人も出てきていますが、そのような告白をする人は売れません。

枕営業というのはあくまでも「秘め事」であり、それを言ってしまうのは「粋」ではないとされるためです。

 

■「好き同士」になるケースも

枕営業は、芸能界でも「やるのはアリだが、暴露はタブー」のような空気があります。また微妙な線ですが、本当に好き同士になっている場合も少なくないので、判定が難しい面もあります。

以前、小室哲哉さんがインタビューでおっしゃっていたのですが、「僕は好きな子を音楽でプロデュースさせているだけ」というものがありました。

枕かどうかは別にして、発想が逆で「プロデュースさせてやるから〇〇でなはく、好きだから有名にしたいと思う」という、ある意味で一休さんのような発言。「なるほど!」と 思いました。

次ページ
■リアルに描いている漫画は…

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ