おぎやはぎもドン引き! 「本当にあったブスの怖い話」がリアルすぎる…

『おぎやはぎのブステレビ』で「本当にあったブスの怖い話」が話題に。

©AbemaTV

恋人を寝取られた、ありえない告白をされたなど、非常識な「ブス」たちによって迷惑をこうむった人は少なくない。

16日放送の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)で語られた、恐怖体験が話題を呼んでいる。



 

■「復縁してくれなかったら絶対に死ぬ」

番組では「本当にあったブスの怖い話」について、街頭インタビューを実施。

・中学の頃、ブスが自宅に電話をかけてきて、いきなり「あなたのことが好きです」と言ってきた。「他に好きな人がいるから」と断ったが、数ヶ月後に「好きな人がいなかったら私と付き合ってくれたの?」と再度電話が。さらに、LINEのトップ画が僕の写真になっていて、「○○好き」とイニシャルで僕の名前が書かれてあった


・中学のとき、グレムリンのような魔族みたいなブスがいた。女らしさを好きな男の子にアピールするため「私、これから生理用品を取り替えに行くから」と言っていた。正気の沙汰じゃないと思った


・大学の頃にブスと付き合っていた。「もう別れよう」と言ったら、目の前で「死ぬ。復縁してくれなかったら絶対に死ぬ」と言ってきた。友達に助けてもらってなんとか別れることができたが、その後ウソの別れ話を学校中に広められて、周りから「クズ男」「女たらし」と言われた


関連記事:指原莉乃、元エビ中・廣田あいかに絶賛されるも不服 「私がブスなだけ」

 

■元カレの実家へ…

「ブスの怖い話」について、スタジオからもさまざまなエピソードが寄せられた。

芸人の女性からは、SNSの恐怖話が。ある女性が好きだった男性に告白したところ、「君の友達が好きなんだ」とフラレてしまう。するとその女性は、友人女性を逆恨み。友人女性の写真を勝手に利用して、なりすましでSNSを始める。そして、友人女性が言わないような罵詈雑言を書き込んでいたという。

やがて周りの人たちにバレたのだが、「私じゃない!」と怒り狂い、暴れはじめてしまったとのこと。

また、販売員の女性からは別れた女性のストーカー話も。はじめは新しい彼女のSNSを監視する程度だったが、そのうちリアルでもストーカーへと変貌していく。新しい彼女の過去の恋愛遍歴を調べ上げ、元カレの実家へと赴き、両親や兄弟に過去の恋愛について暴露し、家族を味方につけて別れさせようとしていたという。

これらの話を受け、MCのおぎやはぎ・矢作兼は「すごいね…。怖いね」とドン引き。相方の小木博明も「ブスは追い詰めないほうがいいんだね」と感想を漏らした。


■ストーカーをした経験は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「ストーカー」について調査したところ、1割が「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」と回答した。

男女別で比較すると、男性のほうが4ポイントほど多い結果となった。


痴情のもつれや、愛する気持ちはときに一線を越えてしまうようだ。くれぐれも、自分本位な恋愛はしないよう心がけたい。

・合わせて読みたい→藤田ニコル、壮絶ないじめを受けた過去 「死ね」「ブス」と言われ土下座も…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)