『シグナル』1日遅れで誘拐事件の時効が成立…残酷すぎる運命に悲鳴

長谷川京子の悪女役も見どころ。次週は佐久間由衣に注目。

17日、坂口健太郎主演ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(関西テレビ系)の第2話が放送された。

第1話を引き継ぐ形で、15年前の女児誘拐事件の真犯人と立ち向かうことになった主人公たち。迎えた結末に「残酷すぎる」という声が相次いでいる。


画像をもっと見る

 

■これまでの『シグナル』

シグナル
(画像提供:©関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

本作は無線機を通じて現在と過去の2人の刑事が繋がり、長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンス。原作は韓国で大ヒットした同名ドラマだ。

坂口が演じるのは、独学でプロファイリングを学んだ城西警察署の警察官・三枝健人。小学1年生だった15年前、雨の日に誘拐事件を目撃が、警察は別の男を犯人と断定し、事件は未解決のままとなってしまっていた

シグナル
(画像提供:©関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

そんなある日、健人は警察署を出たところで廃棄処分されるはずの無線機を発見。15年前に事件を担当していた大山(北村一輝)という刑事と繋がり、しかも巡査の健人をなぜか「警部補」と、まるで自分を知っているかのような口ぶりで話してくる。

シグナル
(画像提供:©関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

健人が大山からもらった情報をもとに現在は廃墟となっている谷原記念病院を訪れると、白骨化した遺体を発見。それは誘拐事件の犯人とされていた人物で、当時病院に勤めていた看護師・吉本圭子(長谷川京子)を、真犯人として任意同行させることに成功する。


関連記事:『シグナル』大切な女性が今にも殺されようと…北村一輝の焦りと絶望に反響

 

■ハセキョー演じる悪女がスゴイ

シグナル
(画像提供:©関西テレビ『シグナル 長期未解決事件捜査班』

刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)は圭子を取り調べるが、尋問に淡々と答えるだけで、なかなか口を割らず。改正刑事訴訟法が成立する前だった当時、日本にはまだ時効は存在しており、刑事たちにも焦りの色が見え始める。

健人は科捜研にDNA鑑定を急ぐように伝えるが、残酷にも日付が変わり、時効が成立。勝ち誇った顔の圭子は席を立ち、警察署から帰ろうとするが、ちょうどその時鑑定の結果が伝えられ、利用されて殺された圭子の当時の恋人が死んだのは、想定されていた日の翌日だったことがわかる。

こうして圭子は殺人容疑で逮捕。しかし、少女誘拐殺人については罪を問えないことになり、健人たちは母親に非難されるのだった。

次ページ
■残酷すぎる運命…視聴者から悲鳴

この記事の画像(5枚)