オリジナルチキンより人気!? 日本に上陸したケンタッキーの「第三のチキン」とは…

ケンタッキーフライドチキンに、「第三のチキン」が初登場! ピリ辛サクサクで「オリジナルチキンを凌駕する人気」だとか

ケンタッキー

チキンといえば、やっぱり「ケンタッキーフライドチキン」。不意に食べたくなってしまう人も多いのでは。じゅわっとした肉汁が大好き…でも新しい刺激も欲しい…そんな人に朗報。

19日から、アジア7つの国と地域で「売り上げNo.1」の商品が、ついに日本に上陸するのだ!


 

■「第三のチキン」が上陸

それがこの、『ホット&スパイシーチキン』(1ピース270円)! 唐辛子の辛さに、クミン、オレガノなど複数のスパイスとハーブが豊かに香り、特製のサクサクとした衣の食感も楽しめる一品になっている。

ケンタッキー

インドネシア、マレーシア、シンガポール、香港、韓国、台湾、ミャンマーでは、定番のオリジナルチキンより人気なんだとか。しかも、海外の商品をそのまま持ってきたのではなく、日本人に合うようにアレンジ。使っているのは、もちろん国産チキンだ。

関連記事:「小林辛子」の写真集を極秘ゲット!魅惑の袋とじの中身とは…

 

■辛いと言えば…

辛いチキンといえば、夏の定番『レッドホットチキン』が思い浮かぶ。2つの大きな違いは「香り」と「辛さ」だという。

ケンタッキー

レッドホットチキンはレッドペッパー、ホワイトペッパーにハバネロを効かせたキレのある辛さが特徴だ。しかし、今回のホット&スパイシーチキンの辛さは、すこし控えめ。味だけではなく食感も楽しめるように、クリスピーな衣が追加されている。

■いざ、食べ比べ!

オリジナルチキンとどっちが好きか、ぜひ比べて欲しい…ということで、セットメニューも充実。取材班も一足早く、「食べ比べ」してみることに。

ケンタッキー

見るからに、さっくさくしているのがホット&スパイシーチキン。アップで見てみると…

ケンタッキー

テカッとしており、スパイスの粒が見えるのがオリジナルで

ケンタッキー

スパイスの粒などは見えず、クリスピーな衣に包まれているのがホット&スパイシーチキンだ。

実際にかじりついてみると、全く別物!

ケンタッキー

オリジナルは食べ慣れた、ホッとする味わいが嬉しい。中から溢れ出す肉汁は透明。

しかし、ホット&スパイシーチキンからはケンタッキー

なんだか、赤い液体が見える!

唐辛子のピリッとした辛さ、スパイスとハーブの風味、サクサクっとした食感…ああ、これビールと絶対に合う味だ。後を引く旨さで、「こっちのほうが売れている国がある」に納得してしまう。


■『カーネルモナカアイス』も要チェック

ホット&スパイシーチキンと同日に発売されるのが、『カーネルモナカアイス』(220円)。

ケンタッキー

カーネルおじさんが描かれた、パッケージがかわいい。そして中身にも、カーネルおじさんがいるのだ!

ケンタッキー

ホワイトチョココーティングされており、パリパリとした食感が楽しめる。中のバニラアイスはちょっと甘めで、子供が喜びそうな味。結構大きいので、2人で分け合っても十分だ。

親はホット&スパイシーチキンで一杯、子供はカーネルモナカアイスを心ゆくまで…な時間を過ごしてみては。

・合わせて読みたい→チキン南蛮発祥の店『味のおぐら』 本場のパンチある美味さがご飯に合いすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(15枚)


あなたにオススメ