「6月上場」報道のメルカリ 「即決禁止」「タメ口」など困ったユーザー列伝

フリマアプリは、相手のことを考えて取引を。

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

ここ数年で一気に知名度が上がり、多くの人が利用するようになったフリマアプリ『メルカリ』。私も、大好きなセーラームーンのグッズを中心に、昭和のレトログッズ収集に利用しています。

もちろん非常に便利なアプリなのですが、世の中、どんな便利なものにもデメリットもあるもの。そこで、メルカリで出会った「ちょっと迷惑な人あるある」を紹介します。

 

■即決が売りなのに…

メルカリは、売るのも買うのも非常にシンプルなシステムで、ボタン一つくらいの気軽さでやり取りができるのが特徴です。

しかし、コメント欄に「即購入禁止!」などと書いている出品者がいます。「購入ボタンをすぐに押す前に、コメントでやりとりしましょうね」ということなんです。

これは、極端にいうとメルカリの即決性という特徴を否定してしまっている矛盾があります。

 

■コメント欄で揉めることも

メルカリのコメント欄は、SNSでのやりとりのような自由に交流ができます。つまり、ここである程度コミュニケーションをとることによって、お互い相手がどんなタイプの人なのかが分かってきます。

しかし、自由なやり取りだからこそ、揉めるケースも少なくありません。「売るほうは1円でも高く、買うほうは1円でも安く」というのが人情であって、とくに値段の部分でどうしても揉めがちなのです。

次ページ
■見ず知らずなのにタメ口で…

この記事の画像(2枚)

あなたにオススメ