汲み取り式トイレに女児を産み落とした母親 身勝手な供述に「鬼畜」と非難殺到

汲み取り式トイレに女児を産み落とした母親が殺人容疑で再逮捕された。

(NorioNakayama/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

ことし3月に大阪府枚方市の集合住宅で、自宅トイレに女児を産み落としたとして母親が逮捕された事件について、大阪府警は19日にも無職の母親(31)を殺人の容疑で再逮捕した。

生まれたばかりの命が亡くなるという凄惨な事件に、ネット上では怒りの声が相次いでいる。


 

■「家族に迷惑がかかる」

先月30日、集合住宅の汲み取り式トイレのタンクを清掃していた市職員が遺体を見つけたことで事件が発覚。駆けつけた警察官に「陣痛が来たため、トイレで産み落とした」などと説明したため、逮捕されていた。

報道によれば、その後の司法解剖では、呼吸していた形跡を確認。母親も「産声が聞こえていた」と認めたため、府警は死産ではなく生きた状態で生まれたと判断し、殺人容疑で再逮捕することに。

母親は経済的に困窮しているようで、警察の調べに対して「妊娠がバレたら家族に迷惑がかかると思い、産み落とした」と容疑を認めているという。


 

■女性の供述に批判殺到

身勝手な母親の理由に、ツイッターや女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では母親に対する批判が相次いでいる。「家族に迷惑がかかるから」という理由で、我が子をトイレに産み落とすという、常軌を逸した判断に怒りの声も。

・どこまで鬼畜なんだ。自己中すぎる


・家族に迷惑かけるって…意味がわからん


・酷い…今妊娠してるから余計に思う お腹を痛めて産んだ子を、そのままトイレに落とすなんて…しかも汲み取り…なんのために生まれてきたの?


・妊娠中なんて胎動があったり赤ちゃんの命を感じただろうに。トイレで産み落とすなんて人じゃない 鬼だよ

次ページ
■「誰かに預けるべきだった」との声も

あなたにオススメ