接客業の人の本音は… 世間話をしてくる客に「空気読め」との声も

さまざまな人と接する仕事だからこそ、多くの苦労がある。

人間関係

2018/04/21 21:00

(Kavuto/iStock/Thinkstock)

スーパーのレジで、スタッフにひたすら話しかけている人がいる。そんな人には、「こっちは急いでいるのに、早くしてほしい」と思うのが本音だろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の接客の仕事をしている男女240名に「客について」の調査を実施。「世間話をしてくる客は困る」と答えた人は、全体で39.6%。多くの店員が、客の長話に悩んでいる。


 

■空気を読んで欲しい

話しかけるにしても、状況を考えてほしいとの意見が多い。

「暇な時間なら構わないけど、忙しい時間帯に長々と話しかけられるのはイラッとしてしまう」(20代・女性)


他の客への迷惑になるようだと、お店の評価にも影響する。

「レジで次の人が待っているのに、それを気にせずに話しかける人はちょっと…。話し相手にはなるけど、こちらも仕事中なので空気を読んで欲しい」(30代・女性)


関連記事:タメ口店員は客をナメている? 女性の投稿に賛否両論の声

 

■客をコントロール

客との会話を楽しみたいスタッフも、もちろんいる。

「私はむしろお客さんと会話をしたいほうなので、どんどん世間話もして欲しい。話をして満足したお客さんは、次も来てくれる可能性が高くなるから売上にも繋がると思う」(20代・女性)


お客さんに流されるのではなく、自分の状況を伝えるのも大切だという。

「接客業はいろんなタイプのお客さんを相手にするのが仕事だから、上手にコントロールをするのが大切。


忙しい時間に話し込む人には、『ちょっと混雑しているので、また次に聞かせてくださいね!』と伝えればいい。これで怒り出す人なら、運が悪いとしか言いようがないけど…」(30代・男性)


■客から口説かれる女性

20代から30代では、男性よりも女性のほうが高い割合になっている。

世間話をしてくる客グラフ

客の中には、下心がある人もいるようだ。

「カフェでバイトをしていたときに、お客さんに口説かれたことがある。断ってもまた次に誘われるの繰り返しになってきたので、気持ち悪くてバイトを辞めた」(20代・女性)


楽しい会話を繰り広げるためには、信頼関係が重要だ。

「常連さんで話しやすい人ほど、こちらの状況をすごく気遣ってくれる。仕事の範囲を超えた会話を成立させるには、人間関係の構築が必要。


それがないまま、ひたすら話してくるからうっとうしいと思うのでは?」(30代・女性)


お店の人と会話をするときには、こちらも「今は大丈夫なのか?」と気を配ったほうが良いだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の接客の仕事をしている男女240名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ