DMMアワード2年連続ノミネートのセクシー女優・戸田真琴 昨年号泣した理由は…

トップセクシー女優・戸田真琴が本気で流した悔し涙のわけとは…

メンズ

2018/04/21 16:00


 

 

■去年は不安が多かった

戸田真琴

じつは昨年もDMMアワードにノミネートしているまこりん。前回は「最優秀『新人女優』賞」で今回は「最優秀『女優』賞」。かなり大きな進歩であるが、去年は気持ち的に不安になることも多かったという。

戸田:このアワードに2年連続で出させていただいたんですが、それはみなさんひとりひとりが作品を買ってくれていたから、ノミネートできたわけで。そういうのが分かると目に見えて、嬉しさと感謝の気持ちが湧きました。


皆さんに見ていただいたのだから、「胸を張ってステージに立ちたいな」って気持ちがあるんですけど。素晴らしい女優さん方がたくさんいらっしゃって、私は自分に自信があるほうではないので。


去年はどちらかというと「無理だな…」と思ってしまいがちで、それでも応援してくれる皆さんがいるから笑っていたいけど、でもそうは思えない…自信を持てないところがあって。


AV女優として「ここに長けています!」と言えることがあるわけでもないし、色々考えすぎてしまってナーバスになってしまってましたね。


関連記事:AV女優・白坂有以がデビューの裏側を激白 「女優してないかも」

 

■ファンの思いに号泣

戸田真琴

また、去年のアダルトアワードでは、不安な気持ちを抑え言いたいことはしっかりと伝えたいとステージ上では泣かないと決めていたそう。

戸田:去年は、ステージ上では泣かなかったんですよ。でも控え室に戻った後に、ファンの皆さんが集めててくださった「まこりんへの寄せ書き」と「花束」が置いてあって。そこでめちゃくちゃ号泣してしまいました。


その時思ったのが、ファンの人がたくさんいて、もっとも票が集まった方が1番になるアワードではあるんですけど、私のファンの人たち、ひとりひとりの気持ちっていうのは、誰とも絶対に比べられない。


賞を取れるか取れないかではなくって、この人たちが私を応援してくれていることが私の誇りだなと思って。


普段からファンを思っているからこ、そ期待に応えられなかったと感じ悔し涙を流したのだろう。しかしそれを真摯に受け止め、前進できるのが彼女の魅力だ。

戸田:それからまた1年活動してきて、自分自身がこの業界で頑張っていこうとしていることを信じられるようになったし、応援してくるみなさんのことも信じられるようになりました。


今年は応援してくれているファンの皆さんを信じて、結果だけではなく、今やれることを一緒に精一杯やって、思い出を作ることが一番大事だなって思います!


■みんなを巻き込むまこりんの魅力

戸田真琴

去年のDMMアワードでは、自分に自信がなく笑えなかったため、今年は笑顔になれるように行動を起こしたと語る。

戸田:去年は笑うことができなかったので今年は、笑顔の写真を絶対にアップしようと思って。なので、笑顔の写真と一緒に「投票お願いします」っていうツイートを毎日頑張っていて。そしたらファンのみなさんも過去にアップした笑顔の写真で同じように、呼びかけもしてくれて。


自分で決めちゃって始めたことだけど、すごく救われてます(笑)プレッシャーを感じたり、どうしようと不安になった時も嫌でも笑ってようと思うようになれたので。


また最近では、よりファンと身近に接することができるようにと、自身でラジオ番組『まこりんレディオ(仮)』を始めたという。自分でコーナーを作ったり、メールの募集も行い楽しみながら交流しているそうだ。

【戸田真琴(とだ・まこと)】

1996年10月9日生まれ/静岡県出身/血液型:A型/サイズ:T152・B83・W58・H83

・合わせて読みたい→戸田恵梨香、突然の“結婚報告”にファン驚愕 「まじですか!」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ 取材協力/戸田真琴

この記事の画像(9枚)