モラハラ夫と木村多江の「夜の営み」に絶句 『あなたには帰る家がある』

モラハラ夫を演じるユースケ・サンタマリアと、木村多江夫婦の「夜の営み」の様子に視聴者絶句

エンタメ

2018/04/21 14:00

 

■「おい」茄子田家の異様な夜

酔いつぶれた真弓を綾子が送り届けた後、その夜の茄子田家の寝室の様子が映される。

綾子が寝床に入ると、隣の布団で寝ていた茄子田は「おい、おい」と綾子に呼びかける。すると、綾子は布団の中でもぞもぞと動き、布団の中から脱いだパジャマが取り出され、そっと布団の横に置かれる。

夫の相手をした後、綾子は1人真夜中の台所で無心で鍋の錆を落としていた。

後日、秀明と綾子は本屋の中でバッタリと遭遇。「奥さん」と呼びかけた秀明に対し、綾子は先日のピロートークの続きを切り出した後…

「私、家庭を捨てるつもりないです、佐藤さんの家庭を壊すつもりも。だから…時々で良いの。『奥さん』なんて呼ばないで。名前で呼んで」


と、目に涙を浮かべて訴えた。


関連記事:不倫妻が家庭の頂点に返り咲く 画期的な結末に感嘆『あなたには帰る家がある』

 

■茄子田家の夜にネット騒然

茄子田と綾子の異様な夫婦生活に、インターネット上は騒然。

https://twitter.com/mw_maki/status/987328985372573698

夫との営みの描写の後での「名前で呼んで」というセリフに、綾子の孤独が垣間見える。また、モラハラ夫・茄子田に対する怒りの声も後を絶たない。

2話のラストでは、真弓が秀明のカード明細を発見。さらに、次週は2組の家族でBBQへ行く流れに…? 泥沼展開が予測される第3話、真弓と茄子田の前で、全てが明るみになってしまうのだろうか…。

・合わせて読みたい→加藤綾子、黒のパンツルックスに絶賛 「スタイル良すぎ」「美しい」

(文/しらべぇ編集部・もやこ

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ