しらべぇ

ガッツポーズでつい出る「やった!」 変な意味に聞こえるシチュエーションとは

「成功」と「性交」、どちらも「やった」となる不思議

コラム

演出を手掛ける舞台のの公演中、観客の反応と自分の意図がハマった時、舞台上で小さくガッツポーズをしてしまいそうになる俳優/ハイパーメディアフリーター黒田勇樹です。

してしまうと、意図と違ってしまうので我慢しますが…

このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。

 

■ガッツポーズを取るときに…

ガッツポーズを取るときに最も似合う言葉と言えば…そう、「やった」ですね。

 

受験に合格して「やった!」

 

試合に勝って「やった!」

 

告白に成功して「やった!」

 

 

様々なシチュエーションで、反射的に口にしてしまう喜びの言葉「やった」ですが、単体で抜き出すと、全く別の意味で聞こえてきます。

 

■主語を隠すと意味が変わる?

あんた、あの女と「やった」の?

 

様々な行動、行為、動作を起こした時に使う言葉「やった」ですが、主語をつけない場合、なぜか日本人は、男女間での性的な行為を想像してしまいます。

性的なことは、ハッキリと口にしない文化が背景にある為、逆に「主語を隠すということは、性的な意味」という受け止め方が一般的になってしまったのでしょう。

筆者は、街角やニュースなどで「やったー!」などと言っている人を見た時に、「公衆の面前で、性行為を告白している人」と疑うようにしていますが、なかなか楽しいので読者の皆様も一度試してみて下さい。

最終的に、自分が人前で「やった」と言うのが恥ずかしくなってきます。

 

■「やった」と「した」の違いは…

ちなみに「やった」と同じく、行為や行動の結果を表す「した」と「やった」の違いは、「した」は「事実を客観的に」、「やった」になると「主観的に思い通りに」なった時と使い分けるようです。

「思い通りになる」を言い換えれば「目的を達成する」、つまり「成功」です。「成功」しても「性交」しても「やった」なんつってね…

・合わせて読みたい→なじみ深く浸透しやすい「あだ名」 漢字ではどう書くか知ってる?

(文/ハイパーメディアフリーター・黒田 勇樹

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu