人生初の苦情も… アパレルショップで「さすがにクレームを言ったこと」3選

温厚な人でもクレームを言いたくなるときには、不備があった後の店員の態度が少なからず影響しているのかも。

怒る女性
(kuhata_0507/iStock/Thinkstock)

普段はクレームを言わない人が、苦情を言う瞬間はどんなときなのだろうか。

しらべぇ取材班は、「アパレルショップで生まれて初めてクレームを言った」という女性たちに、どんな経緯があったのかを調査してみた。


 

①穴を開けたのに気づいているのに客へ渡す

「商品から防犯用のタグを外す時に、店員が不注意で洋服に穴を開けて『あっ』という顔になり、その穴を数秒見つめてどうするか悩んだ末に、何事もなかったかのように商品を袋詰めに。


店員は私が見ていたとも気づかず笑顔で渡してきて、私も一度は受け取ってそのままお店を出ましたが、さすがにないな…と思い、お店に戻ってクレームを言ってしまいました」(20代・女性)


 

②ミスを謝罪せずに偉そうな態度を取る

「新品のはずの洋服に破れがありました。店舗に連絡しましたが、家が遠いし仕事もあるため行けないと伝えているのに、『店舗に来てもらわないと交換できない』の一点張りで謝罪もなし。


しまいには『レジが混んできたので』と一方的に電話を切られる。こちらが破損した商品ならまだしも、お店側の不手際なのに、この対応はひどいと本社まで連絡をしてクレームを入れました」(30代・女性)

次ページ
③お店の不手際でセールになるまで届かなかったのに…

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ