人生初の苦情も… アパレルショップで「さすがにクレームを言ったこと」3選

温厚な人でもクレームを言いたくなるときには、不備があった後の店員の態度が少なからず影響しているのかも。

 

③お店の不手際でセールになるまで届かなかったのに…

「洋服を買ったら汚れがあり、交換をお願いしましたが、新しく交換した商品にもまた違う汚れが付着。やっと綺麗な物が届いたときには、シーズンも終わり、定価で買ったその品は50%オフで販売されている…。


私はお店で50%オフになるまで一度も着れていないのに、正規の値段のままなのが納得できず、指摘したら『差額は払えません』と。言い分はわかるけれど心が納得できず…お客様窓口に悔しさを書いてメールしました」(20代・女性)


関連記事:クレーム対応の“あるある”や上手な対処法を調査! ほっこりするクレーム話も

 

■クレームは言わない人のほうが多い!

しらべぇ編集部が、全国の20~60代の男女1,349名を対象に、クレームについて調査したところ、全体では「よくする」3.1%と「まあまあする」8.2%「たまにする」24.2%で「クレームを言うほうだ」という人は35.4%。

「あまりしない」31.3%と「ほとんどしない」33.3%で「クレームは言わない」派は64.6%で、言わない人のほうが多数派となった。

201710250630_01

洋服に不備があっただけでは苦情にはつながらないけれど、その後の店員の態度に怒りがメラメラと出てきて、普段は温厚な人をクレームに駆り立てることがあるのかも。

ミスがあったときには、誤魔化したり適当にあしらったりするのではなく、早めに謝罪しておいたほうが、クレームは避けられそうだ。

・合わせて読みたい→クレーマーな父親に苦しむ女性 10年以上も側で注意し続けたが…

(文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ