10周年のセクシー女優・希崎ジェシカ DMMアワードは「恵比寿マスカッツ対決」も

初代恵比寿マスカッツとして活躍し、今年デビュー10周年を迎えた。

希崎ジェシカ

5月10日までウェブ投票が行われている、AV界の祭典『DMMアダルトアワード』。昨年デビューした中からトップ10がノミネートされている新人賞と、それ以外の全女優を対象にした最優秀女優賞に分かれている。

その中でもひと際目を引くのが、希崎ジェシカちゃんだ。なにせ今年はデビュー10周年、初代恵比寿マスカッツメンバーとして、深夜番組で活躍する姿を見たことがある人も少なくないだろう。


 

■ノミネートされたのは意外?

最優秀女優賞へのノミネートは数多くのセクシー女優の中でも、いわば「トップ10」を意味する。

希崎:最初聞いたときは、「えっ!? またまた〜」って冗談かと思ったのが素直な感想でした。


というのも、賞レースはほとんど経験がなくて、デビューしてすぐの2011年にスカパー! アダルト放送大賞でライブドア賞をいただいたのと、昨年、天海つばさちゃんとの共演作がAVOPENで賞をいただいたくらいで。


賞とかには縁がない女優人生だと思っていました。


関連記事:バスマットが必需品? セクシー女優・希崎ジェシカのプライベートは…

 

■恵比寿マスカッツ「対決」も

希崎ジェシカ

セクシー女優の取材をしていると、デビューのきっかけとして「マスカッツでキラキラ輝いている女優さんに憧れて…」といった声をよく耳にする。

今回のDMMアワードは「初代マスカッツ vs 現マスカッツ」という奇跡の組み合わせも実現した。

希崎:ノミネートの中に、10年前に初代だった私と、現メンバー(恵比寿マスカッツ1.5)の羽咲みはるちゃんが入っているのを見ると、時の流れが不思議というか。キャリアでいうと、私がいちばん年上ですね(笑)。


今のマスカッツメンバーは大好きで、毎週番組を見てました。なんだか自分たちの頃のマスカッツとは別物に感じられて、同じ業界の子でもアイドルみたいな。私たちが出てた頃は、逆にそうだったのかなぁと思ったり。

次ページ
■出演作は120本以上

この記事の画像(11枚)


あなたにオススメ