有吉、『電波少年』で「ゾーン」体験 「ヒッチハイク知らない世代」に驚き

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でスポーツでのゾーンについて有吉弘行、マツコ・デラックスが言及。有吉が『電波少年』の人気企画・ヒッチハイクの旅でも経験したと明かすが…

25日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、有吉弘行(43)とマツコ・デラックス(45)が「ゾーン」体験について熱弁。

猿岩石時代の有吉が世間の注目を集めた、『進め! 電波少年』の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅」で「ゾーンっぽい体験をした」ことを告白、話題となっている。

 

■マツコは未経験も有吉は…

スポーツなどで「周囲がゆっくり動いて見える」「楽しく疲労しない」と感じるほど極度の集中状態に入ることを「ゾーン」と呼ぶ。

校内の百人一首大会で、フダ読みの声がゆっくり聞こえ、場を真上から見下ろすような視点になったと、「ゾーンっぽい体験」をした女子高生が投稿。2人にも「ゾーンっぽい体験」を尋ねる。

マツコは「そこまで高尚なものはない」と断言。有吉も「この仕事してたら無い。『笑いのツボが全部わかるぜ』とはならない」と悩みながら、「ヒッチハイクの旅でちょっとゾーンっぽい経験をした」ことを思い出す。

 

■ヒッチハイクでのゾーン体験

1996年、『電波少年』の企画で、190日間をかけて香港からイギリスまでの18の国と地域をヒッチハイクで制覇した有吉。

イギリスからゴール地点まで30~40㎞の距離を徒歩で目指していた時、「30㎏ぐらいの荷物を背負ってたのに、どんどんピッチが上がって走ってるくらいになった。あまりにもペースが早すぎてスタッフから『待って待って』と止められた」と振り返る。

「腰もやっててボロボロ。でも全然疲れないの」と、「ゴールまで行けば過酷な旅が終わる」その一心で「ゾーンっぽい」状態に入ったことを明かした。

次ページ
■有吉の「ヒッチハイク」知らない?

あなたにオススメ