モー娘。も受けたセクシー女優・愛音まりあ 新人賞にかける意気込みは…

ニコニコ生放送の生主からデビューして1年半。

愛音まりあ

今どきはさまざまなキャリアを持つセクシー女優がいるが、プレステージ専属女優の愛音まりあちゃんは、元ニコニコ生放送の生主出身の22歳。

下着を見せないように早着替えするちょっとセクシーな動画を配信していたが、2017年1月にAVデビューを果たした。


 

■デビュー後の1年半はあっという間

デビューして、間もなく1年半。その感想を聞いてみたところ…

愛音:時間が流れるのがあっという間すぎて、「よくわからないうちに1年たった」みたいな感じです。専属なので、1ヶ月のうち撮影が2日、あとイベントがあるけど、忙しすぎるというのとは違って。初めてのことばかりだったからですかね。


デビュー前は夜型の生活をしてたので、撮影の日とか朝早いのはちょっと大変なこともあります。でも、緊張感のせいか、早起きしても夜眠くならなかったりもしましたよ。


そして、「この仕事はまさに天職」とも思えるようなコメントが。

愛音:デビュー作を撮影したときは、「こんなに楽しいんだ!」って思いました。「次の作品をすぐ撮りたい、来月まで長いなぁ…」って。


「平気だと言っていても、初めての撮影が終わって泣く子もいる」とか聞いていたんですけど、私は超楽しかったですね。


初現場の前日は、次の日起きられるかどうかはすごい不安でしたけど、そんなに緊張はなかったです。むしろ最近のほうが、撮影前日はいろいろ考えてしまって眠れないかも。


デビュー当初は、女優は受け身でいればいいんです。でも、だんだん台本やセリフが増えてきて。「どうやったら上手くなるんだろう」というのは考えますね。


 

■AVの現場は「人が魅力」

愛音まりあ

1年半で出演作も20本を数えるが、その楽しさは「現場の人」にあるという。

愛音:この前、「20本目の作品を撮った」ってツイッターに投稿したら、ファンの方が「いつの間にかにベテランになったね、でもそんな感じはゼロだね」って言ってくれて。変わってないってことなのかな。


このお仕事の楽しさは、「人の魅力」だと思ってます。監督やスタッフさんは、毎月変わるんですけど、台本をもらうと必ずスタッフリストをチェックしますね。「明日の現場は楽しそうだな」とか。


作品の配役や設定から、思わぬ気づきもあるようだ。

愛音:プライベートで未体験のことでいうと、M男を相手にするのは絶対できないと思ってました。でも、やったら意外と楽しくて。


よく「まりあちゃんはMじゃないよね」って言われるんですけど、たしかにMではないですね。設定で、男優さんにちょっとキツく言われると、仕事とわかっていてもちょっとイラッとしてしまったり…。ファンの方にはバレていて「あの場面、嫌がってたでしょ」って言われました。


でも、女の子ってMっぽいほうがかわいいじゃないですか。ちょっと羨ましくはあります。

次ページ
■道重さゆみの大ファン

この記事の画像(9枚)

あなたにオススメ