しらべぇ

松本人志の人気番組『ドキュメンタル5』 元アイドルが優勝者をガチンコ予想

松本人志のドキュメンタル5優勝予想

エンタメ

こんにちは、コラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

Amazonプライムビデオで人気配信中のコンテンツ『ドキュメンタル』。私も大好きでシーズン1から毎回楽しみに拝見しています。

そこで、いよいよ始まったシーズン5の優勝者を独断と偏見で考えてみることにしました。また、助っ人として、過去に千原ジュニアさんの番組プロデューサーをしてた「すけさん」のご意見も含めて予想します。

 

■『ドキュメンタル』とは?

ダウンタウンの松本人志さんが企画した番組で、一つの空間に約10名の芸人を一緒にして、それぞれが「何をしてもいい」から自分以外の芸人を笑わせ、そして、笑った芸人は退場となります。

年末の日本テレビの「絶対に笑ってはいけない〜」の規模をギュッと絞って絞って究極の空間で同じことをしたらどうなるか? といった実験的なコンテンツです。

それぞれの芸人さんは、もちろん百戦錬磨の方なのですが、それぞれ持ち味とキャラクター、そして先輩後輩という関係も。

それらが一つの空間で複雑に濃厚なバターのようにギュッと詰まっているので、それはもうすごい空気になるんです。ある意味で楽屋の中を覗き見ている感覚にも。

 

■シーズン5の出演者

シーズン1〜4までの優勝者を書いてしまうのはネタバレになってしまうので避けますが、シーズン5も相当に濃いメンバーが揃いました。

 

千原ジュニア(初)/サバンナ高橋(初)/陣内智則(初)/たむらけんじ(初)/ケンドーコバヤシ/ハリウッドザコシショウ(初)/狩野英孝(初)/かまいたち山内(初)/ロバート秋山/ジミー大西

 

 

メンバー一覧を見ただけでも濃密な空気と期待が伝わってきますよね。

 

■ズバリ小川の予想

このコンテンツというのは本当に何が起こるか分からなく、一般的に面白いと言われる、もしくは売れている人が勝つとは限りません。

極端なことを言うと、その辺の普通の55歳サラリーマン、管理職のおじさんがもし入っていたら優勝してしまう可能性も十分にあるような空間です。

ルールとしては「笑ったら負け」になるので、ある意味でネジが外れている人、語弊はありますが「常識がない人」が勝つ可能性が高くなります。

今回のメンバーを見ると、非常にフリートークが上手く、後輩の面倒見の良い常識人の千原ジュニアさんは、もろ刃の剣といいますか、ちょっと厳しいのかなと考えています。

現時点では「ネジの巻き方が」ちょっと普通の人とは違う、ハリウッドザコシショウさん、そして、他人の逆の何が面白いのか「理解できない」かもしれない、狩野英孝さんが残ってくと、私とすけさんは予想しました。

 

■面白いとは何なのか

しらべえ編集部が全国20代~60代の男女1,343名を対象に調査したところ、お笑いにも敏感だと思われる20代の男性の約2割がテレビをあまり見ていないと回答しました。

テレビにある多くの規制の中で、予定調和満載のお笑いに飽きてしまったのかもしれません。比較的自由なネット動画やリアルな内容のコンテンツに興味が移りつつあります。

このドキュメンタルがテレビとネットの規制やお笑いの世界にどんな影響をもたらしていくのかも楽しみです。

・合わせて読みたい→『ドキュメンタル』テレビで絶対放送できない激ヤバシーン5選

(文/しらべぇ編集部・小川 満鈴(おがわん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

この記事の画像(4枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu