しらべぇ

南国リゾートのパンフ写真って本当? 日本人が意外に少ない「身近な穴場」とは

サイパンはじつは最強の南国リゾートかも。

地域

こんにちは、元アイドルでコラムニストの小川満鈴(おがわみな)です。

ゴールデンウィークも始まりましたが、夏休みもあと3ヶ月ほど。旅行先を決めるときは、街中に置いてある旅行会社のパンフレットやウェブサイトを見て選ぶのが、最もお手軽な方法でしょう。

しかし、「この南国リゾートって本当にパンフレットみたいに綺麗なの?」と、疑問に感じてしまうことはないでしょうか。

 

■旅行パンフレット写真の罠

たとえば、南の島のツアーパンフレットは、たいてい青い海と空の写真がメインに掲載されています。すると人間は、「あ、この島は全体がこんな感じなんだな」と思い込んでしまう。「思い込みたい」という面もあるでしょう。

ところが、実際には「インスタ映え」と同じように、その島の最も美しい場所の写真を選んで撮影・掲載しています。また、その写真は加工ソフトで美しく修正されていることも少なくないはず。

 

■日本語を見たいか

私がグラビアアイドル時代にロケなどで感じたことですが、南国リゾートに行ってちょっと嫌だなと感じてしまうのが、どこへ行っても日本人、日本語に遭遇してしまうということ。

「お前も日本人やろ!」と思われるかもしれませんが、でもきっとみんな本音の部分では同じように感じているのではないでしょうか。

例えば、日本人にとって昔も今も人気の南国リゾート、ハワイの中心部では、日本人だらけで、看板も「焼肉」「ラーメン」「いらっしゃいませ!」と日本語を見ない場所はないくらい。グアムでも同じことが言えます。

私と同じように、「だったら日本の沖縄のほうがよくない?」と感じてしまう方もいるでしょう。海外に行くなら、できれば日本人には会いたくなく、「外国感」のようなものを楽しみたい!

 

■サイパンは穴場

日本人が少なく、かつ海は本当に美しく、のんびりした空気をゆったりと味わえ、かつお手軽に行ける南国リゾートは、ずばりサイパン。これは、私が結構な数の南国を回ってきて出した答えです。

上の写真はサイパンの中心部なのですが、この過疎っぷり…。だからいいんです! ブランドショップも並んでいませんし、ギャーギャー騒ぐ人たちもいません。

言い方はおかしいですが、ゾンビに占拠された街中のよう…。だからこそゆっくり時間が止まったような味わいがあります。

サイパン島の周囲はこのような青い海がほとんどです。私が撮影などで訪れた限りでは、バリ島やハワイ、グアムよりもずっと透明度の高い海。そして海には観光客は少ないので独り占め状態です。

 

■飛行機が苦手な人にも

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名を対象に調査したところ、飛行機が苦手な人は60代を除いて男性より女性に多く、2〜30代女性では4割に及ぶことが判明しています。

私が、数々のロケ先の中からオススメしたサイパンは、成田空港より飛行機で3時間。苦手な人でも、ぎりぎり我慢できるくらいの時間かも。今はちょっと過疎化しているサイパンを楽しんでみませんか?

・合わせて読みたい→ハーフタレント・牧野紗弓 グラマラスな「ガイアナボディ」を大胆アピール

(文/しらべぇ編集部・小川 満鈴(おがわん)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代男女1342名(有効回答数)

この記事の画像(5枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu