大谷翔平の捻挫は「走りこみ不足」が原因? 張本勲氏の持論に異論続出

左足首を捻挫した大谷翔平選手。張本勲はどう見たのか?

エンタメ

2018/04/29 12:00

29日の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏がエンゼルス・大谷翔平選手について厳しい評論を展開。その内容が物議を醸している。


 

■大谷選手の捻挫に張本氏は…

番組では大谷翔平選手が日本時間の28日に行われたヤンキース戦で、一塁にかけこんだ際、ベースを踏みそこね左足首を捻挫した様子を紹介する。

張本氏はこの件について、

「心配だよね、大谷。何回も言ってるし、私。練習不足なんですよ。走りこんでないから。左やったでしょ、日本ハム時代は右やってるからね。


5年間『これでもか、これでもか』と走りこまないとね、一番大事で嫌なことなんですよ。これからもっとでますよ、心配ですよ」


と、大谷選手の捻挫は「走りこみ不足」が原因とし、練習不足に警笛を鳴らした。


関連記事:エンゼルス・大谷翔平を視察した日ハム・栗山監督に「喝!」 張本氏の意見に賛否両論

 

■石毛宏典氏は反論

これに反論したのが西武ライオンズ黄金期のリーダーで、オリックスで監督を務めたこともある石毛宏典氏。

「今のプレーはあれですよ、大谷の人の良さでしょうね。一塁手がいたんで、行くと交錯するんで、ちょっと外れたんですよね。でも目線は野手にある、足首はベースの端っこのほうにいってクチャっといっちゃったんですけど」


と指摘。さらに関口宏も

「この前もファーストベースでやったでしょ、ファーストベースの走り方が下手だね。練習したってしょうがないよね、あんなものはね」


と張本氏に反論する。

次ページ
■張本氏は再反論

あなたにオススメ