『鉄腕DASH』放送休止に打ち切りを心配する声が続出 ファンは存続を望むも城島茂は…

29日の『ザ!鉄腕!DASH!!』は放送休止。元々休みの予定だったが「打ち切り」と勘違いする人も

エンタメ

2018/04/30 06:00

29日の日本テレビ夜19時から21時54分は、『さんま転職DE天職7』を放送。

強制わいせつ容疑で山口達也が書類送検され、存続が危ぶまれている『ザ! 鉄腕! DASH!!』は当初から放送予定がなく、休止となった。


 

■打ち切りを心配する声が続出

19時になると、『鉄腕DASH』の休止を知らなかったネット民から放送されていないことに戸惑いの声が。もともと休みの予定だったものの、山口の事件があっただけに、「打ち切り」を心配する人も。

ちなみに『鉄腕 DASH』は来週も休みの予定で、5月7日は『世界の果てまでイッテQ!』の3時間スペシャルが放送される。

それまでに番組の処遇について何らかの発表があるものと思われるが、ファンとしてはやきもきする時間が続きそうだ。


 

■城島茂は山口に対して怒り

『鉄腕DASH』では、漁業・農業・工業などそれぞれの分野で高い能力を見せつけ、番組を引っ張る存在だった山口達也。

昨今は長瀬智也・国分太一・松岡昌宏の3人がロケに参加できないことが多く、山口と城島のアラフィフコンビが番組を牽引。2人の掛け合いは番組の名物となっていた。

そんな城島茂だが、自身がレギュラー出演する『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)内で山口について、

「(記者会見で)『席があるならまた戻ってこれれば』みたいなことを言ってたんですけど、まあありえないですよね、普通に」


と断罪。さらに、

「(メンバー4人の)名前を言って彼がどう思っているか言ってましたけど、それをテレビを通して言うことじゃなくて、まず最初にこういうふうになる前に、ほかの4人に、マネージャーに会社に対して『こういうことになりました』って『申し訳ございません』ってするのが筋じゃないって普通に思うんですね。


それをそれまでなにも言わず、謝罪会見でその気持ちを吐露する。言ってしまうところに、彼の…なんでしょうね、30年やってきたんですかね、裏切りですよね」


と怒る。そして、

「グループのリーダーとしてありえないと思いますし、30年連れ添った仲としてもありえないですし、普通は僕一番男だと思ってたんですけど彼は、筋通す男だと思ってたのに、一番筋通してないなとっていうのが正直な気持ちです」


と、温厚な彼にしては珍しく、山口に対して強い怒りを顕わに。

さらに国分と3人で面会し謝罪を受けたものの、「呆れていた」とも話しており、現段階で以前のように仕事をこなしていくことが難しいことを伺わせている。


■存続を望む声が続出

城島は山口に強い怒りを顕わにしたものの、『ザ!鉄腕!DASH!!』は日本テレビを代表する人気番組であり、TOKIOにとってもライフワークともいうべきもの。

番組のファンからは、「なんとか続けて欲しい」と存続を望む声が噴出している。

山口達也の行為は男性アイドルとして致命的なうえ、TOKIOのメンバーに事前に報告がなかったことから、4人の評価もかなり厳しいものがあるようだ

そのため「今後一緒にグループとして仕事をする」ことは困難であると感じている可能性が高く、5人での番組継続は難しいかもしれない。

いずれにしても『鉄腕DASH』の次回放送予定日は5月13日。それまでにTOKIOと日本テレビがどのような結論を出すのか、静かに待ちたい。

・合わせて読みたい→小倉智昭『鉄腕DASH』に「数字取れると思ったんでしょうね」 発言に批判の声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

あなたにオススメ