『N高文化祭』に人気クイズ作家が参戦 高校生・全年齢向け新クイズ大会の概要も発表

ニコニコ超会議のN高ブースで行われたクイズ研究会トークセッションイベントを取材

今年は来場者数16万人、ネット来場者612万ユーザーを超えた『ニコニコ超会議』だが、KADOKAWAが運営する通信制高校『N高』ブースでは、「N高文化祭」が開催された。


画像をもっと見る

 

■現役アナが顧問のクイズ研究会

しらべぇが取材したのは、クイズ研究会ステージのクイズトークセッションである。N高には、全国の仲間とオンライン上で活動する「ネット部活」多数存在する。

その道のスペシャリストを招き、特別顧問として、教鞭を執ってもらうものだ。

そんな部活のひとつであるクイズ研究会の特別顧問はニッポン放送の吉田尚記アナウンサー。彼自身も過去に高校、大学とクイズに青春を捧げてきた経歴を持つ。


関連記事:宮下草薙・草薙、有吉の執拗なイジりにマジギレ 「あんた殴って辞めれるからな!」

 

■クイズ界の重鎮も参戦

壇上に上がったのは、左から特別顧問の吉田尚記アナ、『Qさま!!』などを手がけるクイズ作家の日高大介さん、『高校生クイズ』『ミラクルナイン』などを手がけるクイズ作家の矢野了平さん、スマートニュースの松浦シゲキさん、雑誌『QUIZ JAPAN』編集長の大門弘樹さん。

クイ研の高校生からの質問に、情熱を持って答えていた。

次ページ
■クイズ作家の苦悩とは

この記事の画像(9枚)