削除したいけど… 「リア充投稿を見て凹む」SNS利用者のリアルな声

毎日いろんな情報が入ってくるSNS。アカウント消したいけど…

(KEN226/iStock/Thinkstock)

スマートフォンが普及し、友達とのやり取りや情報収集はSNSがメインの人は多いだろう。しかし中には「SNS疲れ」に陥ってしまうことも。

そこで、実際にSNSをやめた人に話を聞いてみることに。



 

■無駄な情報がなくなった

思い切ってやめることで、ストレスから解放された、と喜んでいる人もいる。

「LINEとFacebookをやめた。LINEは未読だと『どうしたの?』って何通もくるのが面倒。気が付けば何十通も溜まってうっとうしい。Facebookは、リア充アピールする人たちの写真ばっかりだし。両方やめてから、かなり楽になっている」(20代・女性)


「完全にやめたわけじゃないけど、Facebookはログインしなくなった。見なくなったら余計な情報が入ってこなくなりスッキリ!」(30代・女性)


「SNSはみんな自分が自慢したいことしか載せないから、気分が落ち込んでいるときに見たら余計に凹む。妬んだり知りたくないことを知ってしまったりと…やめて正解」(30代・女性)


関連記事:LINE公式アカウントが「忘年会スルー」に反応 斜め上の欠席理由が衝撃的

 

■話題に乗れない…

しかし、やめたことで友人との会話に入れなくなってしまうことも。

「やめたときに『なんでやめたの?』って結構嫌な感じで聞かれる。SNSをやめることって、そんなに大きなことなのかな?」(30代・女性)


「ママ友みんながインスタグラムをやっている。その話で盛り上がっているときは話に入れないから少しだけ距離を置くようになった」(30代・女性)


「仲間内でLINEグループを作っているらしく、日程とか場所決めて遊びに行ってるらしい。私はLINEやってないから誘われない」(20代・女性)


■SNSアカウントを削除したことある?

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代のSNSを利用したことがある男女824名を対象に「SNS」について調査したところ、20代女性は47.9%と約5割の人が「SNSのアカウントを削除したことがある」と回答。

SNSアカウント削除性年代別グラフ

SNSを利用することで得られる情報は増えるけれど、知りたくない情報も入ってきてしまう。自分なりに、負担にならないよう付き合っていく必要があるかも。

・合わせて読みたい→SNSに商品の感想を書いたら… 店から「怒りの連絡」が届き大炎上

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年11月17日〜2017年11月20日
対象:全国20代〜60代のSNSを利用したことがある男女824名(有効回答数)