TOKIOの謝罪会見に疑問相次ぐ 「お涙頂戴」「友情アピール」の声も

山口達也の騒動を受け、TOKIOの4人が謝罪会見を行った。

会見
(wellphoto/iStock/Thinkstock)

TOKIO・山口達也(46)が強制わいせつの疑いで書類送検されたことについて、TOKIOメンバーの城島茂(47)、国分太一(43)、松岡昌宏(41)、長瀬智也(39)が2日、都内で会見を行った。

今後の活動や山口について語った4人だが、一部で疑問の声があがっている。



 

■「この先どうするかは答えが出ていない」

会見冒頭に深々と謝罪をし、山口と交わした会話やTOKIOに対する思いを話した4人。ときに涙し、山口に対して「甘すぎる」などと辛辣な言葉を口にしていた。また、山口が土下座をして辞表を提出した話なども飛び出す。

しかし、今後については「いまある大きな仕事を4人で頑張っていく」「この先どうするかは答えが出ていない」と未定だという。


関連記事:『鉄腕DASH』19年目の稲刈りが成功し安堵の声 明雄さんを想う視聴者も

 

■「会見の意味がわからない」

山口は無期限謹慎のまま、TOKIOも4人のまま継続するかたちに落ち着いた今回の一件。グループの解散や山口の脱退などは決まっておらず、山口の騒動について4人が謝罪しただけともとれる。

このことについて、ネット上では「会見を開く意味がわからない」「4人がただ謝らされているだけ」との厳しい声があがっている。

https://twitter.com/mamesmasma/status/991557001451745280


■「友情アピール」と厳しい声も

また、事務所の社長や関係者ではなく、グループメンバーが謝罪をしていることに疑問の声も。

26日放送の『ビビット』(TBS系)で国分は「連帯責任」と口にしていたが、ネット上では「自己満足」「友情アピールをやらされているのでは」との指摘が寄せられている。


山口への責任を感じるがゆえに謝罪した4人だが、批判的な声も寄せられた今回の会見。山口に対して厳しい言葉を掛けたが、それでも「やっぱり甘い」との声も寄せられている。

・合わせて読みたい→ロンブー、宮迫と亮が会見した会場で復活ライブ 「絶対行きたい」「場所がすごい」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

この記事の画像(1枚)