しらべぇ

『志村どうぶつ園』が報じた客が来ない動物園『東筑波ユートピア』がカオスな状況に

これからに期待! 志村どうぶつ園で紹介された客の来ない動物園の現状

地域 話題

日本テレビ系列で毎週土曜日に放送中の、人気動物番組『天才! 志村どうぶつ園』。

番組内ではさまざまなかわいい動物や動物園を紹介するコーナーがあるが、その中でも話題になっているのが、ぜんぜん客が来ない動物園として報じられた、茨城県の『東筑波ユートピア』だ。

 

■東筑波ユートピアの現在

最近はトレンディエンジェルの斎藤さんによる経営の立て直し計画企画もあるようだが、実際に状況は改善し、客が増えているのだろうか?

ゴールデンウイーク期間でもガラガラだったら立て直し前にマズいことになるのでは…と心配になったので、しらべぇ取材班も実際に見に行ってみることにした。

 

■番組効果で客数は増えているが…

オープン30分後の午前9時半に到着すると、なんと第1駐車場には多くの車が停まっており、不人気の動物園とは思えない盛況ぶり。

車を降り微妙に長い石段をのぼっていくと…

かなりホラーなパンダの像が…。園に入る前からややビックリしてしまったが、まだ入り口の状況は変わっていないようだ。

 

■園内はさほど変わっていない

自動販売機でチケットを購入し入園すると、大混雑というほどではないがしっかり客が入っている。

しかし、園内は志村どうぶつ園で見たときとさほど変わっていないように見受けられる。これから変わっていくのだろうか。

 

■ウサギランドへ行ったら秋田犬

気を取り直して園内を散策すると、まず見かけたのはウサギランドの看板。

しかし、入って最初に目についたのは秋田犬の小屋。ウサギはどこ…。

 

■モンキーハウスかと思ったら秋田犬

その後もモンキーハウス入り口の看板が立てられた小屋を見ると…

なぜかここにも秋田犬が(笑)。どうやらここがモンキーハウスなのではなく、まだ先にあるようだ。

 

■ウサギカフェには飲み物の販売なし

ウサギはどこ…と探していると、ヒツジの後ろにウサギカフェを発見!

しかし、カフェなのに飲み物の販売は一切ない、席の後ろにウサギが1匹だけというカオスなカフェであった。

 

■ウサギとサルかと思ったらニワトリ

さらに散策を進めていくと、モンキーハウス内に「うさぎとさるのなかよしハウス」という珍しい展示が。

しかし中にいるのはなぜかニワトリという、ウサギカフェに負けないカオスな展示。「ウサギとサルを見に行ったらニワトリがいた」なんてこと、ほかの動物園では絶対にありえないだろう。

 

■経営状況は多少改善?

実際に行った結果としては、番組で報じられた状況から展示はほとんど変わっていない感じだが、客数は増えているので経営状況は多少改善していると思われる。

捨て猫を保護している「キャットピア」には常連もいたようだし、客数が増えたため臨時で来たという職員の女性に話を伺うと、志村どうぶつ園の視聴者からペットフードなどの支援も数多く来ているのだという。

 

■これからに期待

いまのところは「コレは面白い!」と思える展示はない(ある意味スゴいものは山ほどある)が、これから番組の応援で改善し、面白い展示も増えていくのだろう。

現状は東筑波ユートピア園長の人柄や志村どうぶつ園の効果で、客数をなんとか維持できているといったように思えた。

以前のままの東筑波ユートピアが見られるのはいまだけと考えると、むしろ改善する前に行っておいたほうがいい経験になるのかもしれない。

・合わせて読みたい→超かわいい!マザー牧場で「赤ちゃんひつじ」が続々生まれる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(19枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu