欅坂46・平手友梨奈は生きていた! 秋元康ラジオ特番にサプライズ出演

3日に放送された『今日は一日“秋元康ソング”三昧2018』に、欅坂46の平手友梨奈がサプライズ出演し、ファンを歓喜させた。

平手友梨奈

欅坂46の平手友梨奈が3日、ラジオ番組『今日は一日“秋元康ソング”三昧2018』(NHK-FM)の生放送に出演した。事前告知は一切なく、突然のサプライズだった。

 

「平手友梨奈はちゃんといます」

この番組は、作詞家・秋元康が前日に還暦を迎えたことを記念し、ゆかりのあるゲストを次々に招いてトークをしていく特別プログラム。3日の9時15分から21時15分まで、中断を挟みながら約12時間にわたって生放送された。

放送中、秋元が「ここですてきなお客さまをお迎えしたいと思います。生存確認。この方です」と切り出すと、平手が「欅坂46・平手友梨奈です」とあいさつ。すかさず秋元は「平手はちゃんといますよ!」と高らかに告げた。

平手は現在、初主演映画『響 -HIBIKI-』の撮影中。秋元と3日朝に連絡を取った際、「今日は早く終わるかもしれない」と伝えたところ、秋元から「それだったら(番組に)おいでよ」と誘われたのだという。

 

■「元気です、生きてます」

昨年末の『NHK紅白歌合戦』以来、平手はメディアにもコンサートにもほとんど顔を出していない。

欅坂46は、今年1月31日と2月1日に予定していた東京・日本武道館公演をキャンセルしている。その理由は、平手の負傷により十分なパフォーマンスが困難であるためと発表された。

4月6~8日に東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた2周年記念ワンマンライブ『欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE』にも、平手は「スケジュールの都合」で不参加。

そのほか、欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)の収録も欠席し続けており、平手がメインパーソナリティを務める『欅坂46 こちら有楽町星空放送局』(ニッポン放送)にも昨年12月より出演しておらず、今年3月には正式に降板している。

こういった背景により、欅坂46が誇る絶対的エースの姿や声にファンが触れられる機会はほとんどなかった。生放送で平手は、「元気がないイメージを持たれがちですけど、元気です。生きてます」と明るい声でアピールした。

次ページ
■ファンは狂喜乱舞

あなたにオススメ