しらべぇ

美少女プロ雀士グラドル・篠原冴美 「セリフが覚えられなくてイメージ映像中心に」

プロ雀士としても活躍中の篠原冴美が最新DVDをリリース。

エンタメ オトナ

篠原冴美

グラビアのみならず、女性プロ雀士としても活躍中の篠原冴美が、最新DVD『かのじょ。』(グラッソ)をリリース。その発売を記念したイベントが、東京・秋葉原で行われ、しらべぇ編集部も取材に訪れた。

 

■ラブラブできるような内容に

篠原冴美

9枚目となる今作は3月に都内で撮影されたもの。

「タイトルの通り私が彼女なんですよ。観ている人の彼女という設定なので、私とラブラブできる内容になるように頑張ってみました」と説明。

 

■NGを20回以上も出してしまった

篠原冴美

頑張って挑んだ撮影だが、彼女になりきることが困難になってしまった出来事があったそうだ。

「最初の撮影のうちはラブラブした撮影ができたけど、じつはセリフが全然覚えられなくて、NGを20回くらい出しちゃったんですよ。そんな情況が続いてしまったので、スタッフさんも諦めて、後半の撮影ではセリフのないイメージ映像になってしまいました」と明かした。

 

■おススメのシーンはネコのコスプレ

篠原冴美

セリフのシーンがほんのわずかになってしまった今作だが、その中でも一番のおススメのシーンについて聞いてみると、

「白い水着を着てネコのコスプレをしているシーンがありまして、朝の起きたところで『おはよう』ってかわいく問いかけています。甘えたりイチャイチャした感じがしっかり出ていると思います。最初に撮影したシーンで、なんとかセリフがあるので、ここはしっかり観てほしいです」とアピールした。

 

■次回作が最後の作品になってしまう?

篠原冴美

次作は節目の10枚目の発売になるので、その節目ではどのような作品をやってみたいか聞いてみると、

「次のDVDで最後にしようと思っています。自分的にキリのいいところで辞めようと決めていたんです」とまさかの発言が飛び出した。

グラビアを卒業する予定はないそうだが、現在は日本プロ麻雀協会所属のプロ雀士としても活動している篠原。その麻雀の近況については、

「今年に入ってからあまり調子はよくないですけど、メチャメチャ打っています。とにかくタイトルがほしい。今年の目標は大きな大会でチョンボをしないことですね。前にインターネット番組の生放送で多牌(ターハイ)をしちゃったんですよ。麻雀は自分の手の中に牌を13枚持っているんですけど、気が付いたら14枚で打っていた。ありえないミスなんですよ。完全に放送事故を起こしてしまいました」と告白した。

今後については、「職業としてはグラビアイドル兼プロ雀士兼占い師として活動していきます。お母さんが占い師で実家で占いをやっているので、私もいま占いの勉強しているところです。麻雀牌を使って麻雀占い師とかやるのもいいかもしれませんね」と意気込んだ。

篠原冴美

 

【篠原冴美(しのはら・さえみ)】

1992年8月29日生まれ/T165・B87・W57・H87/血液型:B型/京都府出身/趣味:麻雀・ギター・ゲーム/特技:占星術・タロット

・合わせて読みたい→「へなちょこロリータ」グラドル・林美佐 グラビア復帰作で「感極まって号泣」も

(取材・文/しらべぇ編集部・ブレーメン大島

この記事の画像(6枚)

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集