イチローにファンから感謝の声 会長特別補佐就任で一線退くも「夢をありがとう」

イチローが今シーズン試合に出場せず「会長付特別補佐」に就任。ネットの反応は様々な

スポーツ

2018/05/04 14:00

野球場
(cosmonaut/istock/Thinkstock)

アメリカ大リーグ・シアトル・マリナーズのイチロー外野手(44)が、今シーズン選手として試合に出場せず、「会長付特別補佐」に就任することが判明。

事実上、プレーヤーとしては一線を退くことになった。


 

■マリナーズに復帰するも…

イチロー選手は2017年オフに所属していたマーリンズをFAとなり、2018年に入っても所属先が決まらず、引退の危機に瀕していた。

そんな彼を救ったのが、古巣マリナーズ。外野手の故障が相次いだことなどを理由に獲得に踏み切り、6年ぶりにかつてのユニフォームに袖を通すことに。

開幕戦にスタメン出場するなど奮闘したイチロー選手だが、オープン戦で脚を痛めた影響もあってか、29試合に出場し打率2割5厘と打撃成績が低迷。

守備では貢献していたものの、かつてのようなプレーを見せることができず、地元メディアから「マイナー・リーグに落とすべきだ」という声が上がっていた。


 

■会長付特別補佐に就任

そのような声が強まるなか、チームとイチロー選手が出した答えは「会長付特別補佐」就任と、今シーズンは試合に出場しないという決断。

今後はアドバイザーとしてチームに同行し、練習を続けながら選手をサポートするという。なお、来季以降については、試合に出場することが可能となる。

選手として活躍する道が残った契約だが、パフォーマンスの落ちたイチロー選手が来季またメジャーの舞台に立つことは現状難しいといわざるを得ず、「事実上の引退ではないか」との指摘も。

また、マリナーズが2019年の開幕戦を日本で行うことが決まっていることから、「そこが引退試合となるのではないか」との見方もある。

次ページ
■会見で心境を吐露

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ