本当に効果的なのはどっちなの? 長所を伸ばす vs 欠点を補う

長所を伸ばして専門的になるべきか、欠点を補いオールラウンダーになるべきか…。

ライフ

2018/05/05 15:30

欠点を補うよりも長所を伸ばす
(©ぱくたそ)

自分の能力を最大限に活かすには、得意なことをさらに磨いたほうがいいとの意見がある。しかし、欠点を補なって、平均的にできるよう努力する人も。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「能力について」の調査を実施。

「欠点を補うよりも、長所を伸ばすほうが大切だと思う」と答えた人は、全体で60.4%。多くの人は、得意なことを伸ばすほうがいいと考えているのだ。



 

■若い頃は弱点克服志向

性年代別では、20代の男性が唯一4割を下回っている。

欠点を補うよりも長所を伸ばす性年代別グラフ

若い頃はまだ、欠点を克服したい思いが強いのだろうか。

「今の部署が、そんなに好きではない。でもここで覚えたことは、きっと将来の役に立つと思うから」(20代・男性)


「うちの会社で評価されている人は、オールラウンダーが多いから」(20代・男性)


関連記事:「三つ子の魂百まで」は本当? 約7割の人が性格は変えられないと思うことが判明

 

■欠点を補おうとした結果…

年齢を重ねるほどに、長所を伸ばすほうがプラスになると考えるように変化。

「若い頃なら脳も柔軟なので、新しいことを覚える元気があるかもしれない。でも、今から何かを新たに覚えるとなれば、かなり時間がかかること。それが苦手なことなら、なおさら」(40代・女性)


欠点を補おうと努力したが、無理だったと語る人もいる。

「私は数字が苦手で、これは社会人にとっても致命的。そのために簿記の勉強などをして、なんとか補おうとしていた。でも苦手なものをどれだけがんばっても、人並み以上にはならない」(30代・男性)


■それぞれの長所を集約して

好きなことを続けている人が、なによりも強いとの意見も多い。

「どんなことでも、仕方なくやっている人が、心から好きで続けている人に勝てるわけがない。だから好きを仕事にしている人は、最強だと思う」(30代・男性)


それぞれの長所を持ち寄ることで、強いチームになる。

「長所と短所は、表裏一体。例えば行動力のある人は、じっくり判断しないことがある。そんな人のそばには、慎重に分析する人を置けばいい。


お互いに補い合って、いいものを作っていくのが一番の方法だと思う」(30代・男性)


自分の長所を生かしたいのに、会社の方針で不向きなことをしている人もいるだろう。誰もが長所を伸ばす環境は、まだまだ難しいのが現状である。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)