石井一久の桁外れな豪邸に仰天 テレビをストックするってどういうこと?

『ダウンタウンなう』に出演した石井一久が、尋常ではない「ストック癖」を明かした。

石井一久
(画像は石井一久公式ツイッターrのスクリーンショット)

4日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)にて、「芸能人の豪邸で飲む!」企画が行われた。ダウンタウン、坂上忍、三田友梨佳アナウンサーが有名タレントの自宅を訪れる。

この日のオンエアで訪問したのは、元メジャーリーガー・石井一久と元フジテレビアナウンサー・木佐彩子の「有名人夫婦」宅。ここで石井の常軌を逸した習性が明らかになった。


 

■生涯年俸は推定33億

石井は、ヤクルトスワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)で10年間活躍したのち米メジャーリーグへ渡り、2013年に埼玉西武ライオンズで引退。プロ生活22年間での総年俸は33億円に上ると見られる。

そんな石井の自宅は、都内の一等地で90坪という規格外の豪邸。リビング40帖、テラス12帖、ダイニングキッチン15帖といった驚愕の間取りに、浜田雅功も思わず「メジャー行ったらこんな儲かんねんな」と漏らす。

広さもさることながら、16台の監視カメラ、隠し金庫、複数の倉庫などギミックも満載。何から何までが桁外れだった。


 

■自宅内に小さなコストコ?

木佐と親しい友人としてVTR出演したバイオリニストの高嶋ちさ子は、「(石井家の)貯蔵庫みたいなところに、コストコが小さくなったくらい日用品が大量にある」と証言。

一行が実際にストックルームを見せてもらうと、そこには小売店のバックヤードのような光景が。200本近いペットボトル飲料を始め、トイレットペーパーや洗剤、懐中電灯、靴や帽子などが大量に所狭しと並べられていた。

さらに、趣味のゴルフ用品を置いているという倉庫には数えきれないほどのクラブが林立する、まるでゴルフ専門店のような光景。片隅には申し訳程度に野球のバットも数本見受けられた。

元プロ野球選手らしからぬ、しかし非常に石井らしい自宅と言えるだろう。

次ページ
■テレビのストックって何?

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ