買ったことを忘れ同じものをまた購入 若い人たちも起こす理由とは

昨日も買ったのに、またたまごを買ってしまった…

ライフ

2018/05/06 21:00

(Koji_Ishii/iStock/Thinkstock)

必要だと思って買ったものが、家に帰るとすでに購入済みだった…なんて経験はないだろうか。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「物覚えについて」の調査を実施。

その結果54.3%もの人が、「前に買ったことを忘れて、同じものをもう一度購入したことがある」と回答。これだけ多いと、理由は「脳機能の衰え」だけではなさそうだ。



 

■買い物をよくする女性に多い

性年代別で見ると、すべての年代で女性の割合が多くなっている。

前に買ったことを忘れて再度購入グラフ

女性は買い物をする機会が多いのが、要因のひとつだと考えられる。

「日用品の買い物なんて、しょっちゅう。保存できるものならいいけど、食品はかなり厳しい。同じ野菜が増え、家族総出で食べきったことが何度もある」(40代・女性)


関連記事:人気ブランドが安くなっていても… バーゲンに行く人の割合が少ない理由とは

 

■若い男性が少ない理由

一方で20代から30代の男性は、少ない割合なのが印象的である。この世代は、あまり買い物をしない人も多い。

「自炊しないから、食材が被るなんてまずない。そもそも家に物もそんなにないから、同じのを買う確立も低くなる」(20代・男性)


「趣味にはお金を遣うけど、好きなものは持ってることを忘れないから」 (30代・男性)


■年齢を問わずやらかす理由

前に買ったものをまた購入してしまうと、脳の老化現象だと落ち込む人もいるだろう。しかし、今回の調査結果では、20代女性でも半数以上と高い割合になっている。

「コスメとかで、いいなと思って買ったものが、じつは持っていたなんてことがよくある。いっぱいあるから、ついわからなくなっちゃって」(20代・女性)


自分で把握できていないのが、一番の原因だといえるだろう。

「昔から音楽が好きで、CDが家に数え切れないくらいある。なにを持っているかわからなくなり、昔買ったのを忘れてまた購入したことは何回かある」(40代・男性)


人間の記憶は、あてにならない。買い物リストを作るなどして、対策をするしかないのだろう。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)