東北人しか知らない? ラーメンをそばつゆで食べる『ざる中華』が激ウマ

東北人なら知ってる? 青森県民に聞いたざる中華の美味しさに感動

グルメ

2018/05/06 17:30

神奈川県横浜市の『家系ラーメン』や、福島県喜多方市の『喜多方ラーメン』など、日本にはさまざまなご当地ラーメンが存在する。

どのご当地ラーメンもスープや麺に特徴があるものが多いが、東北地方で食べられる『ざる中華』は、そんな常識をくつがえす料理だ。

 

■ざる中華を知ったきっかけ

記者がざる中華を知ったのは、青森県出身の女性が「東京にはざる中華を食べられる店がほとんどない」と嘆いていたことがきっかけ。

「ざる中華ってつけめんじゃないの?」と聞くと、つけめんとざる中華は似て非なるものとのこと。

 

■つけ麺とざる中華の違い

いったいつけめんとざる中華のなにが違うのかというと、つけ麺は『専用のつけ汁』で食べるのに対し、ざる中華は『日本そばやうどんに使うめんつゆ』で食べるそうだ。

東京都民としては中華麺をめんつゆで食べるなんてありえないが、青森や秋田を中心とした東北の一部地方では、当たり前に食べられる定番の麺料理らしい。

次ページ
■本物のざる中華を食べられる店

この記事の画像(3枚)

あなたにオススメ