しらべぇ

東北人しか知らない? ラーメンをそばつゆで食べる『ざる中華』が激ウマ

東北人なら知ってる? 青森県民に聞いたざる中華の美味しさに感動

グルメ

神奈川県横浜市の『家系ラーメン』や、福島県喜多方市の『喜多方ラーメン』など、日本にはさまざまなご当地ラーメンが存在する。

どのご当地ラーメンもスープや麺に特徴があるものが多いが、東北地方で食べられる『ざる中華』は、そんな常識をくつがえす料理だ。

 

■ざる中華を知ったきっかけ

記者がざる中華を知ったのは、青森県出身の女性が「東京にはざる中華を食べられる店がほとんどない」と嘆いていたことがきっかけ。

「ざる中華ってつけめんじゃないの?」と聞くと、つけめんとざる中華は似て非なるものとのこと。

 

■つけ麺とざる中華の違い

いったいつけめんとざる中華のなにが違うのかというと、つけ麺は『専用のつけ汁』で食べるのに対し、ざる中華は『日本そばやうどんに使うめんつゆ』で食べるそうだ。

東京都民としては中華麺をめんつゆで食べるなんてありえないが、青森や秋田を中心とした東北の一部地方では、当たり前に食べられる定番の麺料理らしい。

 

■本物のざる中華を食べられる店

ざる中華は自分で作れそうだったが、せっかくなら本物を食べてみたい。ということで、女性に聞いた関東で見つけた「本物のざる中華」を食べられる秘密の店へ行くことに。

注文したざる中華(メニューでは中華もりと書かれていた)は、確かに水で締められた中華麺にそばつゆが添えられていた。

 

■東京でも定番にしていいぐらい美味

気になる味は…コレがムチャクチャンマーーーーイ! 中華麺独特の香りと、甘くて旨味の強いめんつゆが最強に合うのだ。

東京のそば店はラーメンがある店はあるものの、ざる中華を置く店は少ない。しかし、コレは東京でも定番にしていいぐらい美味しい組み合わせだと実感。

 

■東北観光にぜひ

つけ麺にはソレ専用のつゆでないと美味しくないという既成概念が見事にブチ壊される、素晴らしい味だった。

これから東北観光客も増える時期。お花見のあとはざる中華で締めるという流れも悪くなさそうだ。

・合わせて読みたい→大阪最強の醤油ラーメン?『高井田系中華そば』がマジでウマすぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事の画像(3枚)

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu