20代女性に増加の理由とは? 体育会系の人が苦手な人たち

「ブラック企業のイメージがある」との意見も。

人間関係

2018/05/07 11:00

体育会系が苦手
(©ぱくたそ)

レスリング・伊調馨選手へのパワハラ問題や日本相撲協会の一連の騒動などで、「スポーツマンシップとは?」との声があちこちから上がっている。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,361名に「人のタイプについて」の調査を実施。

「体育会系の人が苦手だ」と答えた人は、全体で42.7%もいることが判明した。


 

■若い女性の好きな男性のタイプに変化

性年代別でも20代では、男性よりも女性が多い割合になっている。

体育会系が苦手グラフ女性の好みが、変わりつつあるのだ。

「体育会系って、濃いイメージがある。今の人気が『中性的なイケメン』と考えると、ちょっと違う感じがする」(20代・女性)


中性的な魅力とアスリートの強さを兼ね備えた、フィギュアスケートの羽生結弦選手が人気なのもうなずける。


関連記事:「体育会系は出世する」という事実を帰宅部高校生に伝えたら…

 

■体育会系は飲み会が好き

体育会系といえば、「ブラック企業」を頭に浮かべる人が多い。

「ブラック企業に多いイメージがあり、あまり体育会系にいい印象は持っていない。スポーツを観るのは、好きなんだけどね」(30代・男性)


体育会系は、なぜか飲み会が大好きである。

「上司が体育会系だと、本当に大変。上下関係が絶対なので言うことに従わないと、『あいつはダメだ』ってなる。


それが仕事のことならまだしも、頻繁に開かれる飲み会への参加強要とかだから最悪」(20代・男性)


■就職活動に体育会系は有利なのか

体育会系は、就職活動で有利になると言われているが…。

「会社の特徴によって欲しい人材が変わるから、体育会系が有利とは限らない。それこそ上下関係を重んじて体力勝負の会社なら、かなり本領を発揮できると思う。


若い人たちのアイデアもどんどん採用するような企業の場合、体育会系は扱いにくい。そんな会社は、学生時代に『意識高い系』と笑われてきたような人が活躍できるかも」(30代・男性)


体育会系でも文系でも、お互いの性格を尊重し合えるのなら共存はできるはずだ。ただ上下関係がはっきりした世界で育った体育会系は、後輩に意見を押し付けてしまう癖が出やすいのかも。

・合わせて読みたい→

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,361名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ