本家超えのラーメン二郎インスパイア店はあるのか? 調査23回目『らーめん大 大久保店』

野菜1.2キロの超巨大なヤサイドーム

グルメ

2018/05/07 10:30

本家二郎最強『八王子野猿街道店2』よりもうまいラーメンを求めて、食べ歩くこの企画。

味、量ともに二郎を超えるインスパイア系ラーメンを見つけることができるだろうか。調査22回目となる今回は、『らーめん大』を調査。

 

画像をもっと見る

 

■マシで野菜が1.2キロ

大久保駅から、歩くこと数分。大通り沿いにラーメン大 大久保店を発見。中に入ってみると、清潔感のある広々とした店内だ。

無料トッピングは、野菜、にんにく、あぶら、濃いめが選択可能。ちなみに野菜は、普通が250g、多めが600g、マシが1.2キロと3種類が基本となっているよう。(野菜少な目もオーダー可能)

もちろんラーメン(700円・税込みを全マシで注文。さらに店員さんから、「サービスで麺を中盛りにできますよ!」との一言。常時このサービスを行なっているかは不明だが、お言葉に甘えて中盛りに!

着丼したラーメンは、今までのインスパイアラーメンの中で最も高くそびえ立つヤサイの山。

 

関連記事:『ラーメン二郎』東京23区の店を食べ歩き 最も激ウマな店舗は…

 

■歴代2位の超重量ラーメン

計測してみると…EEEEとエラー表示で測定不能!! 取り分け用のどんぶりをお借りし、再度計測すると3,468g(器あり)と過去の調査で2番目に重い質量であった。

ジロリアンであれば当たり前のように、マシという言葉を使用してしまうが、この大久保店ではマシの乱用に注意が必要だ。

 

■野菜の暴力

野菜は食べても食べてもなくらない、本当にあった無限もやし。少しクタっており、ダメージは少ないが着実に胃袋を圧迫してくる。

スープは、豚のコクが程よく溶け込んでおり、まろやかであっさり仕上げ。ジロリアン的には、薄味の部類かもしれないが、野菜を掻き込むには、薄いぐらいがちょうどいい。

物足りなければ、ニンニクを溶かしてメチャウマ汁で食すといいだろう。

次ページ
■麺は噛むより飲み込め

この記事の画像(9枚)