じつは同じ誕生日! 『西園寺』上川&佐藤が似顔絵ケーキににっこり

53歳になった上川隆也と49歳になった佐藤二朗が、仲良く似顔絵ケーキににっこり。

執事西園寺の名推理
(©テレビ東京)

テレビ東京系で好評放送中のドラマ『執事 西園寺の名推理』。完璧な執事・西園寺がチャーミングな奥様・百合子のお望みで、事件の謎を解き明かしていく痛快ミステリー・エンターテイメントだ。

そんな同作に主演する上川隆也と、城南第一署の刑事・丸山昭雄役の佐藤二朗には、じつはある共通点が…そう、誕生日が同じ5月7日なのだ。


 

■似顔絵ケーキににっこり

執事西園寺の名推理
(©テレビ東京)

同作の撮影の合間に、それぞれ53歳と49歳の誕生日を迎えた上川と佐藤。スタッフによって用意されたケーキは、第1話のパティシエ殺人事件でスウィーツ監修をしたパティシエが用意した似顔絵ケーキだという。たしかにこれはよく似ている…。

上川隆也

今回の誕生日について、上川は次のようにコメント。

「撮影現場を共にしている仲間と迎える誕生日は、格別です。幸せな誕生日を迎えられた事を、心から感謝したいと思います。


(同じ誕生日の佐藤について)今回の撮影期間の中で、佐藤さんの言動や感性に理屈ではないシンパシーを感じました。同じ日に生まれた方とは、やはり何か通じる物があるのではないかと、密かに思っている所です」


 

■佐藤「とても大きな座長」

佐藤二朗

一方、佐藤は次のようにコメント。

「仕事仲間と迎える誕生日はまた格別です。昔はみんなに祝ってもらうのが照れ臭くて少し苦手だったのですが、最近は素直に喜ぶようにしています。そして、皆で1つのことを祝う力みたいなものを、皆と一緒に作品に注いでいけたらと思います。


(同じ誕生日の上川について)上川さん、あなたは『ついていき』甲斐のある、とても大きな座長です。同じ時代を生きる役者として、僕もその背中、追い続けます。これからもその大きく親しみやすい背中で、僕らを牽引してください。また呑みましょう」


■世界卓球で一週間遅れ 第4話見どころは?

今週、金曜日に第4話の放送を迎える『西園寺』。あらすじをチェックすると…

執事西園寺の名推理
(『執事 西園寺の名推理』©テレビ東京)

明美(池谷のぶえ)と美佳(岡本玲)は、百合子の知人の朱里(床嶋佳子)が開く社交ダンス教室に通い始めた。だが、2人が見学中、朱里の息子・瑞樹(小原唯和)らダンサーが次々と倒れてしまう。


執事西園寺の名推理
(『執事 西園寺の名推理』©テレビ東京)

西園寺は、ウォーターサーバーの中に入っていたスズランの花の中毒症状だと推測する。朱里は瑞樹を狙う“男”がいると話す。心配した百合子は孫ほどの年の瑞樹をお屋敷で預かると言い出すが…。


今週も完璧な執事っぷりに酔いしれたいところだ。

《これまでに配信した『執事 西園寺の名推理』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→上川隆也の本格アクションが強すぎる! 『執事 西園寺の名推理』

(文/しらべぇドラマ班・尾道えぐ美

この記事の画像(4枚)

あなたにオススメ