高須院長、お金の若者離れを訴える学生に「甘ったれるな若者」「目覚めて働け」と激励

「生活苦でお金の余裕がない」という若者に対する高須院長の持論が話題に。

(画像は高須克弥氏公式ツイッターのスクリーンショット)

「若者の○○離れ」という言葉が定着して以来、「車」「時計」「夢」などさまざまなことに若者が欲求をもたないといわれてきた。一方で、「お金がないから何もできない」と反論する若者も。

このことについて、高須クリニックの高須克弥院長が自身のツイッターで持論を展開して話題になっている。


 

■「甘ったれるな若者!」

まとめサイト「アルファルファモザイク」に転載された「朝日新聞に若者が怒りの投稿『若者の〇〇離れとは全て若者からお金を奪ったせいだ。年寄りは反省しろ』」という記事を引用した高須院長。朝日新聞の投書では、20歳の大学生の男性が「お金の若者離れ」について指摘している。

電気水道などの月々の支払いや、奨学金の返済、年金への不安でお金を貯蓄に回さざるをえない現状から、若者たちはお金を使いたくても使えないのではないかと疑問視。そのため「最近の若者は夢がない。欲がない」と言われるのはうんざりだ、と訴えているのだ。

この投書について、高須院長は以下のようにコメントした。

「甘ったれるな若者! 年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。働きながら君たちを育てたのだ。君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない。ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者」



 

■「時代が違う」と反論

「ハングリーであれ」と若者を奮起させる高須院長。ネット上の声では賛同よりも否定が多く見受けられた。現状に苦しんでいる当人にとっては、高須院長の意見は「老害の説教」というふうに聞こえているのかもしれない。


・残業代出ない、副業は禁止…そんな中でモーレツに働こうと思いますか?


・時代背景の違いを感じられない人なんだなあ。同じ頑張りでも報われない社会になっているという事実を「俺は成功した」っていうごく限られた体験バイアスから語ってることに気付いて欲しい


・さすが老害様の言うことは違いますね。今の時代、必死で働いても評価されず給料も上がらないんですよ


意見の中には「若者が甘えたっていいじゃない。オレは、甘える若者に寛容になりたい」との声も。

これについて高須院長は「甘えが許されるのは自力で立てない幼児と老人のみ。次世代を担う若者が甘えてどうする! 誰に甘えるんだ?」とコメントしている。

次ページ
■「老後のことを考えて貯金なんかするのは愚か」

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ