不妊治療を続けた女性「自分は欠陥がある」 移植という選択肢で救われた人生

『クローズアップ現代+』で「不妊治療」を特集。ネットでは様々な声があがっている。

社会

2018/05/08 18:00


 

■「難しい問題」

今回の特集に対して、ネットでは「難しい問題」と改めて不妊治療への思いを巡らせる声が見られた。

「クロ現難しい問題だけど、色々な提示と選択が増えるのはいいことなのかな」

 

「クロ現『不妊治療最前線』すごい。。スウェーデンは、不妊治療費は病気とみなされて、少子化対策もあって国が負担して無償なんだって。日本も早くそうならないかな」

 

「今日のクロ現はつらいなぁ…不妊治療を結構早くあきらめた立場としては。子供を授からなかったからこそ得られる幸せもあるんだよって、なかなか伝わらないよね…『他人と横並び』の幸せが一番と思っているうちは。」

 

関連記事:キンタロー。妊活背景に夫の無精子症 救われた「医師の言葉」に感動

 

■当事者にしかわからないこと

『クローズアップ現代+』で取り上げられた不妊治療。それぞれの人が選ぶ選択肢が増えてきていることは間違いないようだ。

しかし、番組でもあったように、当事者だけでなく、社会全体で向き合うことも必要なのではないだろうか。

・合わせて読みたい→不妊治療をしている女性 母が取った最低な行動に「モヤモヤする」

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

この記事の画像(1枚)