「世界のナベアツ」桂三度が着ボイスの印税を告白 まさかの金額に愕然

「世界のナベアツ」こと落語家・桂三度が当時の着ボイスの印税を告白

エンタメ

2018/05/11 14:00

桂三度
(画像は桂三度公式ツイッターのスクリーンショット)

「3の倍数と3のつく数字のときだけアホになる」ネタで一躍大ブレイクをはたした「世界のナベアツ」こと落語家・桂三度(48歳)が10日放送の『じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系)に出演。

当時の着ボイスの印税額を明かして話題になっている。


 

■「さぁん!」で大ブレイク

大ブレイク中だった当時、着ボイスの依頼がひっきりなしだったという三度。

スタッフから言われるがままにマイクの前に立ち、「さぁん!」と一言発して「はい、おつかれさまでした」とつぎの現場へ向かうこともたびたびあったという。

それから1年ほど経ち、当時のマネージャーから「こんなん届いてます」と小さなトロフィーを渡される。見ると「着ボイスランキング年間1位 200万ダウンロード達成」と書かれていたとのこと。


関連記事:『女帝』『夜王』などを手掛けた人気漫画原作者・倉科遼が漫画原作のお金事情を大暴露

 

■波田陽区との格差に愕然

しかし、その印税額が気になった三度。200万ダウンロードなら、1つあたり10円の印税でも200万円になると計算したが「ボクのところね、ウン十万しかきてないんですよ。マジ、マジ。これマジやねん。年間70万円くらい」と印税が少なすぎると悲しみを訴えた。

その額にスタジオも仰天。MCのネプチューン・名倉潤(49)が「おかしいな、波田陽区はめっちゃもらってたよ?」と指摘すると、ナベアツは「わかってます。ほかの事務所とは違うのはわかってます」と自身が所属する吉本興業のギャラ体制を自虐。

また、次長課長・河本準一(43)も、波田が同番組にゲストとして出演した際に「着ボイスだけで3000万円って言ってましたもんね?」とコメント。

それを聞いた三度は、落胆の表情を見せて笑いながら「そんだけ金もらったら、アイツも切れ味なくなるよね」とつぶやき、笑いを誘った。

次ページ
■懐かしのネタに「おもしろい」

この記事の画像(1枚)


あなたにオススメ