小池知事、TOKIOに東京五輪大使続投の意向 「辞退すべきでは…」と批判の声も

「TOKIOには頑張ってほしい」と応援する声もあがっている。

エンタメ

2018/05/11 18:00

11日、東京都の小池百合子知事が、2020年東京五輪・パラリンピックのスペシャルアンバサダーを男性アイドルグループ・TOKIOに引き続き務めてもらう意向を示したことが報じられた。

ネットでは、TOKIOの続投に対し賛否の声があがっている。



 

■TOKIO続投へ

TOKIOといえば、メンバーの山口達也が女子高生への強制わいせつ罪でジャニーズ事務所を契約解除になったことが記憶に新しい。小池知事は、山口を除く4人のメンバーに東京五輪・パラリンピックのスペシャルアンバサダーを続投してもらう考えだという。

小池知事は「今回の(山口の)ことはひとことでいえば、残念だ」とした上で、ジャニーズ事務所から「引き続き、任務を与えてもらえるなら全力で頑張りたい」という申し出があったことを明かした。


関連記事:城島茂、整形をカミングアウトすべきか悩む女性に持論 「泣きそうになった」

 

■「自分たちから辞退すべき」

今回の報道に対し、ネットでは「TOKIOが自分たちから辞退すべき」と、東京五輪・パラリンピックのアンバサダーをTOKIOが続けることに疑問の声があがっている。

「TOKIOが自分たちから辞退すればいいと思うのだが」


「日本国内のことだけじゃないわけで…。海外はセクハラに厳しい国もあるなか、強制わいせつをしたメンバーがいたグループって話題になりますよ。それでいいのかな?」


「メンタル強っ。辞退でしょ、普通に考えたら。4人は可哀想だけど、イメージがあるしそれに連帯責任でメンバーで会見したのに今回は違うとか都合良すぎだよ。事務所おかしいって」

次ページ
■「頑張ってほしい」の声も