サボる人の勝ち? 職場は「真面目に頑張る人は損をする」と思ったこと3選

会社で真面目に頑張っても評価をしてもらないと感じる人も…。


 

③真面目に働いたら仕事量が…

「サボれない体質で真面目に仕事をしていたら、たくさんの仕事を任せられるようになり、気づけば給料は変わらないのに、周りの人たちの3倍近くの仕事量になっていたことが、過去にバイトも含めて何度もありました。


私が息つく暇もなく仕事をしているのに、先輩や同期たちは談笑しながらお菓子タイムを見て、泣きそうになったことは数しれず…。職場って真面目な人ばかりが大変になるものだと思っている」(20代・女性)


関連記事:会社に心を許せる人がいる? 管理職世代は職場で孤独か

 

■職場で損な役回りだと思う人はどれくらい?

しらべぇ編集部が、全国の20代〜60代の男女1,332名を対象に、「自分は損な役回りをやらされていると思う」か調査をしたところ、30代女性が43.3%ともっとも高いことがわかった。

仕事をいつもサボっている人に限って楽しい職場ライフを送り、真面目に働いている人は仕事を増やされたり、些細な失敗で怒られたりと、損をすることがあるようだ。

会社にとっても真に優秀な人材が去っていかないために、日頃の仕事ぶりはしっかりとチェックしてほしいものだ。

・合わせて読みたい→優しい笑顔ができる人の割合は… 仕事のミスまでカバーできてしまう人も

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)