異国の子供が日本の運動会に挑戦 日村が「マジで声枯れちゃった」と大興奮

『運動会!ザ・ワールド』異国の子供たちががんばる姿に、バナナマンや木下優樹菜も大盛り上がり

子供が一生懸命に取り組む姿にグッとくる運動会。かつては秋に開催されるものだったが、昨今はこの時期に実施する学校が多い。

そんな運動会シーズンに、異国で日本の運動会を開催したら――という番組『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』(テレビ東京系)が放送される。

画像をもっと見る

 

■日本特有の競技に

(画像提供:『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』©テレビ東京)

生徒がみんなで力を合わせて競技に取り組み、チームワークが育まれる点など、集団生活を学ぶ学校生活において、日本人にとっては馴染み深い「運動会」は、世界では類を見ない文化。

そんなニッポンの運動会を世界各国の学校で開催してみたら、一体どうなるのか――。

番組では、中米・グアテマラとアフリカ・マラウイの学校に通う子供たちが、ニッポンの運動会に挑戦する姿に密着。また、子供たちの自宅を訪れ、その国ならではの暮らしぶりも垣間見るという。

MCはバナナマンの設楽統、日村勇紀が担当。ゲストには、2児の母親である木下優樹菜、元新体操オリンピック代表選手・畠山愛理が登場し、異国の子供たちの奮闘を“ガチ応援”。

木下は「自分の子供じゃないのに完全燃焼しちゃって」と興奮し、日村は「マジで声枯れちゃった」というほど。

また、大好きな女の子にかっこいいところを見せたい男の子に、設楽も「運動得意なやつは好きな子に見てもらいたいってあるよね!」と大盛り上がり。笑いあり、涙あり、そしてまさかの恋模様ありと、見どころたっぷりだ。


関連記事:気象予報士への調査で判明 運動会のベストシーズンはいつなのか

 

■グアテマラでは玉入れの玉に…

(画像提供:『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』©テレビ東京)

日本の運動会の「大縄跳び」の動画を観て、「機械みたいに揃っている!」と驚くグアテマラの子供たちは、「棒引き」「ダンシング玉入れ」「大縄跳び」「麻袋リレー」「ムカデ競争」「大玉送り」「バトンリレー」などの8競技に挑戦する。

(画像提供:『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』©テレビ東京)

玉入れ用の玉を自作するのだが、グアテマラの主食の一つインゲン豆を袋に詰めて作るなど、準備にも特色が出るという。

(画像提供:『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』©テレビ東京)

果たしてグアテマラの子供たちは、大縄跳びを成功させることができるのか――。

(画像提供:『運動会!ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』©テレビ東京)

また、児童の自宅に訪問すると、なぜかダイニングに車があるそう。世界遺産アンティグアならではの生活風景とは、どんな様子かもレポート。

また、グアテマラへ向かったサポーター・北斗晶が、現地のお母さん達と協力し、子供たちに振る舞ったニッポンのカレーが大人気に!? 一緒に料理をする現地のお母さんたち、エプロンの文字の意味を理解しているのかも、気になるところだ。

次ページ
■マラウイの校庭にラインを引いたらヤギが…
テレビ東京運動会佐々木健介バナナマン北斗晶日村勇紀木下優樹菜設楽統運動会!ザ・ワールド
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング