うどん屋「無断キャンセル被害」は嘘 架空の大学「国際信州学院大学」に賛否

手が込みすぎ…

話題

2018/05/14 13:00

蛞蝓亭
(画像はTwitterのスクリーンショット)

昨今飲食店を悩ませている予約のドタキャン。一方的に告げられることもあれば、当日音信不通になってしまうケースもあり、経営者はせっかく作ったご飯とともに泣き寝入りすることになることも多い。

ツイッターではそんな被害を訴えるツイートが定期的にバズるが、もしそのうちのひとつが周到に作り込まれた「ネタ」だったら…今、ツイッター上でとある壮大な「釣り」が話題になっている。

 

■無断キャンセル→じつはすべてネタ

https://twitter.com/NamekujiUdon/status/995656206113898496

『うどんや 蛞蝓亭』を名乗る店のツイッターアカウント。50人の貸切の予約が無断キャンセルされ、キャンセル料も踏み倒されてしまったという内容だ。

相手は「国際信州学院大学」の教職員たちのようで、義憤を感じたツイッターユーザーたちがこのつぶやきをRTすることに。

しかしこの店、実際には存在しない架空の飲食店であり、また「国際信州学院大学」なる大学も存在しないのだ。

なお、うどんやの読み方は「なめくじてい」であり、飲食店にはなかなか合っていない感じ。

 

■作り込みが凄い…

「なーんだ嘘かよ!」と終わってしまうのがこの手の釣りの大半だが、今回は様子が違った模様。というのも、作り込みが半端ではないのだ。

例えば上記のツイートにリプライしているこちらの人物。

https://twitter.com/GdXEAuyxPwNupUK/status/995658880423088129

同校出身者という設定の架空の人物であり、代表を務める会社のホームページまで存在。

また、『蛞蝓亭』のツイッターアカウントは4月7日からつぶやかれており、ツイッターで拡散しやすい「無断キャンセル」ネタまで一ヶ月間用意していたことがわかる。

また他にもさまざまな細かい設定があり…

次ページ
■「5ちゃんねる」発

この記事の画像(1枚)

あなたにオススメ