しらべぇ

マツコ、枕営業は「夢あるファンタジー」 「ハイリスク・ローリターン」と女性に警告

『5時に夢中!』で枕営業に関してマツコ・デラックスが持論を展開!

男女

枕営業

((C)ぱくたそ)

男女の関係をもって仕事の融通をはかってもらう「枕営業」は、芸能界だけでなく、さまざまな業界でまことしやかに、その存在を囁かれてきた。

14日放送『5時に夢中!』(TOKYO MX)で世の中に本当に枕営業があるのかを調査。マツコ・デラックス(45)が枕営業に関する持論を展開し、話題を集めている。

 

■現在は「ファンタジー」

「身近で枕営業の話を聞いたことはあるか?」、番組はアンケート調査を実施。株式トレーダー・若林史江(40)は、15年前、「喫茶店で待ち合わせした芸能関係者から、枕営業を何度も誘われた」話を知人から耳にしたと明かす。

マツコは「夢のある話よね」と口を開き、芸能界を例に「やったとしても、今は『やり逃げ』されるようなもの。それで儲けられる席があるほど経済的な余裕は業界にはない」と熱弁する。

「大昔は、映画会社社長の愛人が大作映画に抜擢され一夜にしてスターになる」などの夢物語もあったが、現在は「ファンタジー」と断言した。

■驚きの枕営業の実態

番組には、「男性美容師がマダムを顧客にするため枕営業」「スタメンになりたい子供のため、野球チームのコーチに枕営業をした母親たち」「女社長に枕営業する営業マン」など、驚きの投稿が寄せられる。

最終的に「あり」3055票、「なし」8032票。大半は周囲に枕営業はないが、少なからず存在することも白日の下にさらされる結果となった。

 

■マツコ「リターンが少ない」

両者が合意の上、どんな手を使っても仕事を獲得するという意味では「あり」と枕営業に肯定的なマツコだが、女性に向け「ハイリスクだけどリターンはすごく少ない」と警告している。

視聴者もこの結果に色々な感想を持ったようだ。

 

■23.3%に「強く押されて性行為した」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の女性670名を対象に調査したところ、23.3%が「相手に強く押されて性行為をしたことがある」と回答した。

両者合意の上、「WIN-WIN」の関係であれば枕営業は本人の自由だが、そこに強要や弱者を踏みにじる行為があるなら、それは許されることではない。

・合わせて読みたい→枕営業をしてそうな女性芸能人ランキング カンニング竹山も実態を激白

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年1月20日~2016年1月24日
対象:全国20代~60代の女性670名(有効回答数)

この記事の画像(1枚)

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu